Al mal tiempo,buena cara 辛いときこそ笑顔で

大阪支店
中村美香
Nakamura MIka

–––大学時代はスペイン語専攻だそうですね。

はい、スペイン語は表現豊かで、とても興味深い言語だと思います。大学3年のときにはスペイン北部の町オビエドに一年間留学も経験しました。

–––もともと旅行業界志望だったのですか?  

いいえ、初めはまったく考えていなかったのですが、帰国後に語学を生かせる仕事を探した結果、旅行業界に辿り着きました。そういえば私、なぜか大学2年のときに総合旅行業務取扱管理者の資格を取得していたんですよ。

–––2年生で取得とはすごいですね。

当時は資格取得が半分趣味だったんです。ほかにも秘書検定2級や世界遺産検定2級も取りました。新しいことを学ぶのが好きで、添乗先の国の歴史や文化、食べ物などいろいろ調べるのも楽しいです。

–––では、実際に仕事をしてみていかがですか?

ワールドはいろいろ挑戦、経験できるところがすばらしいと思います。大阪支店は雰囲気もよいですし、とくに最近は西日本体制となったことで盛り上がっています。来年、西日本はスペインに力を入れていく予定なので楽しみです。

–––添乗の際はどんなことを心がけていますか?

まだまだ知識面など足りない部分も多いので、まずは笑顔で明るくを心がけています。スペイン語のAl mal tiempo, buena cara(辛いときこそ笑顔で)という言葉が好きなんですよ。また、添乗員もお客様と一緒に楽しんで感動することが大切なのだと、先輩方の姿勢から学びました。

–––今後の抱負をどうぞ。

はい、今後は関空発着ツアーをもっと種類豊富にして、全国のお客様にご参加いただけるよう精いっぱいがんばります。皆様ぜひ、新生西日本にご注目ください。


【プロフィール&ひと言】
京都府京都市出身。2つ上の姉の後を追って、ピアノやそろばん、水泳、書道など様々な習い事を経験。書道は今も趣味として楽しんでいるそう。最近はまっているのは登山。「同僚と日帰りや1泊で行くんです。葛城山のヤマツツジはきれいでしたよ。大阪支店は約20名で、先輩、後輩、皆コミュニケーションがあり、チームワークの良さは抜群です」