2014年11月4日更新

砂漠の理想郷、カサール・アル・アラブで味わう旅時間

アブダビの首長シェイク・カリファ現大統領が所有する、カサール・アル・アラブ。王たちの夢の楽園世界が広がります
      はるか遠くまで続く砂丘、絵に描いたような落日の面影を追いかけたい

『WORLD旅のひろば』7月号で発表した「アラブの絢爛 贅を尽くした砂漠のリゾートとドバイの旅」は、おかげさまでたいへん多くのお問合せを頂戴し、うれしいことに、昨年同ツアーにご参加されたお客様からもお申込みをいただきました。再訪することを決めた理由について、その方に伺ったところ、「もう一度、あの空間に身を置いてみたいと思ったのです」とのことでした。

砂漠の真ん中にある、水と緑溢れるリゾートホテル「カサール・アル・アラブ」でしか味わえない至福のひととき…都市空間とは距離を置いた当ホテルには、日常を忘れさせてくれるようなアラブ世界が広がります。滞在中は、風に舞う砂の音、煌びやかな太陽、落日とともに表情を変化させる砂丘の表情など、砂漠に秘められた大自然の魅力に出会うことができるでしょう。今回は、本ツアーの舞台「カサール・アル・アラブ」で過ごす優雅な旅時間をご紹介いたします。


               砂漠に堂々と佇む王の休息地へ

           「蜃気楼の城」を訪ねて、砂の大地を旅する
        

入り口は重厚な雰囲気が漂います
近未来都市アブダビを出発して、舗装されたハイウェイを南下すること約200キロメートル。車窓に映る砂漠の砂の色は徐々に美しくなっていき、どこまでも砂丘が連なる風景が広がります。

しばらくすると砂漠の中に突如ホテルの門が出現。2つめの門を潜ると砂漠の王城のような建物が目の前にあらわれます。

夢のようなホテル空間へはあと少し。そこではどんな砂漠の贅が味わえるのでしょうか…自然と期待に胸が高まります。


砂漠のオアシスで、優雅なひとときを
砂漠の中のプールは、潤沢な水の象徴。近くには日陰でエサを探す砂漠の動物たちの姿に出会えるかもしれません
アラビアの調度品が並ぶ図書館

バスを降りて最初に驚くのは水の豊富さ。噴水から、プールとホテルの敷地内のいたるところに水が流れ、豊かさの象徴であるかのように緑がいきいきとしています(このホテルのために、アブダビから200キロ離れている場所まで水をパイプで通しているとのこと!)。

ロビーで洗練されたスタッフの笑顔に歓迎されたら、調度品が並ぶ図書室でチェック・イン。ウェルカムドリンクとおしぼりをもらって、しばしおくつろぎください。
スパで、心身ともにリラックス

昼食はアル・ワハレストランにてご案内いたします。日本食、アラビック、イタリアン、エスニックと、種類が豊富で味も好評。野菜やフルーツ、デザートが充実しておりますので、女性にとってはうれしい内容です。

ゆるやかな時の流れを感じながら、贅を味わう

お腹いっぱいになったところで夕刻まではリラックス・タイム。
砂丘の景色をご覧いただける開放的なスパで、マッサージやトリートメントを堪能したり、図書室でアラブ世界を感じさせる調度品に囲まれながら読書を楽しんだり、オープンテラスでカクテルを片手にリラックスしたりと、優雅なひとときを味わえます。

上品な内装が施され、中東の織物や手工芸品が飾られたリゾート内を歩いていると、まるで悠久の時を経て、現代へと蘇ったアラブ世界へ迷い込んだかのような印象を受けます。思い思いの時間をお過ごしください。


「お部屋でくつろぐ贅沢な時間」
お部屋からは砂漠が望めます(イメージ)
室内にはゆとりのあるバスタブがあります
室内に派手さはありませんが、色調が抑えられて品があり、居心地の良さを感じます。砂漠の景色にこだわったお部屋は、なんと全室サンセットビュー。大きなバスタブにお湯をはり、ゆっくりと旅の疲れを癒しましょう。


                 朝夕は、太陽が主役
            広大な砂丘の上に立ち、一日の終わりを過ごす贅沢 
まるで太陽を独り占めしているかのような、旅情溢れる日没時間。ここでしか味わえない体験をお楽しみください
夕食は、テントレストランへご案内

夕刻、ご希望の方には。砂丘を上った先にあるサンセットポイントへご案内いたします。ここからの眺めは、チュニジア出身フロントマネージャーのラミアのお墨付き。彼女は、「この砂丘からの夕日が好きでここを離れられないの」と話してくれました。

夕日を眺めた後、夜はテントスタイルのレストラン「アルファラッジ」にて、満点の星を眺めながらバーベキューディナーを堪能します。食後はプールサイドバーへいき、ドリンク片手に時間を過ごすのも良いでしょう。
 
ラクダトレックアクティビティ

アブダビへ出発するまでは、ホテルでのアクティビティーを存分にご満喫いただけます(ご希望の方に実費にてご案内)。ラクダに乗って砂漠を歩いたり、四輪駆動車でデザートサファリへ出かけるのも旅情たっぷりの砂漠体験になることでしょう。

私のおすすめはカート(ゴルフのバギーのようなもの)を使ってリゾート散策をすることです。プール、ヘリポート、テニス場、ヴィラ、シェイク・カリファ現大統領の別荘など、気軽に見て回ることができます。砂漠に佇む魅惑のアラビア世界へとぜひ足をお運びください。

「アラブの絢爛 贅をつくした砂漠のリゾートとドバイの旅」はこちらから
このツアーに関するパンフレット、資料のご請求は、下記のワールド航空サービス各支店、営業所までお問い合わせください。
東京支店
東京支店
東京都千代田区有楽町1-5-1
日比谷マリンビル4階
TEL.03-3501-4111 FAX.03-3501-4114
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
東京支店
大阪支店
大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル29階
TEL.06-6343-0111 FAX.06-6343-0118
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
名古屋支店
名古屋支店
愛知県名古屋市中区栄3-14-7
RICCO栄 6階
TEL.052-252-2110 FAX.052-252-2112
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
九州支店
九州支店
福岡県福岡市博多区博多駅前2-2-1
福岡センタービル11階
TEL.092-473-0111 FAX.092-473-2371
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
札幌営業所
札幌営業所
北海道札幌市中央区北1条西2-1 
時計台ビルB1階
TEL.011-232-9111 FAX.011-232-7455
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
仙台営業所
仙台営業所
仙台市青葉区中央2-2-10
仙都会舘ビル4階
TEL.022-726-0111 FAX.022-726-1234
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
藤沢営業所
藤沢営業所
神奈川県藤沢市藤沢484-1
藤沢アンバービル3階
TEL.0466-27-0111 FAX.0466-27-0941
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)