2018年5月10日更新

ビジネスクラスで行くポーランド二都の旅


ワルシャワ、クラコフだけに 3泊+4泊のゆったり滞在



ショパンゆかりの地を巡る

ビジネスクラス利用、ワルシャワ3連泊、クラコフに4連泊する、9日間の旅です。二都市だけ?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ポーランドの魅力に十分ふれられ、もの足りないということはまずありません。首都ワルシャワは第二次世界大戦の戦場となり、灰燼に帰した過去を持ちます。それを市民の手によって、レンガのひび割れひとつまで見事に復元したのです。気の遠くなるような話ですが、ポーランド国民、ワルシャワ市民の祖国、我が町への愛情と誇りが伝わってきます。
 
市民の協力によって蘇ったワルシャワの街並み
 
ショパンの心臓が納められた、聖十字架教会
またワルシャワとその近郊には、生家や死後に心臓が安置された聖十字架教会など、ショパンゆかりの地があります。『革命のエチュード』など、激動の時代に生まれた曲にポーランド国民は自らの思いを重ねました。滞在中には、ショパンの曲を鑑賞いただく、プライベートピアノコンサートを催しますが、ワルシャワで耳にするショパンの曲は、格別です。
古都クラコフには4連泊します 

他方、ポーランド王国の都であったクラコフは戦災を免れたことから、昔ながらの街並みがそのまま残る貴重な古都です。4連泊することで、自由時間を利用して、織物会館2階の美術館や市場など、2泊するだけでは訪ねることのできない、しかし見逃すのは惜しいスポットへもご案内することができます。
 
人々で賑わう、クラコフの中央広場
 
かわいらしいザリピエの家
2泊するだけでは訪ねることのできない、しかし見逃すのは惜しいスポットへもご案内することができます。またクラコフへ向かう途中には、世界遺産のヴィエリチカ岩塩坑、滞在中には家々に花柄模様が描かれたかわいらしい村ザリピエや世界遺産の木造教会を訪ねるなど、充実の内容です。

ポーランドというとどこか暗いイメージをお持ちかもしれませんが、むしろ逆で人々はやさしく明るい国です。物価も比較的安く、陶器などの買い物も楽しめます。夏でも湿度が低く、過ごしやすいので、ヨーロッパの夏の訪問地としておすすめします。


「ビジネスクラスで行く ワルシャワとクラコフ2つの古都滞在の旅 9日間」の詳細はこちらから

※ポーランドの旅は、このほかに8つの世界遺産を巡る12日間の「ポーランドの古都と世界遺産」、関空発で古城ホテルにも泊まる「ポーランド一ヵ国周遊の旅 12日間」がございます。併せてご覧ください。
このツアーに関するパンフレット、資料のご請求は、下記のワールド航空サービス各支店、営業所までお問い合わせください。
東京支店
東京支店
東京都千代田区有楽町1-5-1
日比谷マリンビル4階
TEL.03-3501-4111 FAX.03-3501-4114
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
東京支店
大阪支店
大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル29階
TEL.06-6343-0111 FAX.06-6343-0118
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
名古屋支店
名古屋支店
愛知県名古屋市中区栄3-14-7
RICCO栄 6階
TEL.052-252-2110 FAX.052-252-2112
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
九州支店
九州支店
福岡県福岡市博多区博多駅前2-2-1
福岡センタービル11階
TEL.092-473-0111 FAX.092-473-2371
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
札幌営業所
札幌営業所
北海道札幌市中央区北1条西2-1 
時計台ビルB1階
TEL.011-232-9111 FAX.011-232-7455
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
仙台営業所
仙台営業所
仙台市青葉区中央2-2-10
仙都会舘ビル4階
TEL.022-726-0111 FAX.022-726-1234
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
藤沢営業所
藤沢営業所
神奈川県藤沢市藤沢484-1
藤沢アンバービル3階
TEL.0466-27-0111 FAX.0466-27-0941
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)