2013年10月1日更新

「南バルカン歴史街道」をドライブ

アルバニアの首都ティラナ
モンテネグロのスベティ・ステファン島
ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア、モンテネグロは、1991年にスロヴェニアとクロアチアが独立を宣言するまでは「ユーゴスラビア」と呼ばれたひとつの国でした。ユーゴスラビアになる前は、オスマントルコ帝国やオーストリア・ハンガリー帝国によって支配されていました。 また、モンテネグロの南に位置するアルバニアも、オスマントルコ帝国によって約400年間支配を受けた末に独立しています。このツアーでは「バルカン半島」という、ヨーロッパの中でも複雑で困難な歴史を乗り越えてきた地域に焦点を当てました。国境を越えていくなかで、数々の絶景や歴史遺産をご覧ください。
 
モスタールに架かる橋「スタリ・モスト」は世界遺産に登録されています
サラエボ
歴史の謎をひもとくおすすめルート サラエボからドブロヴニクへ

オスマントルコ帝国とオーストリア・ハンガリー帝国、両方の影響を受けた街並みが特徴的なボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボ。イスラム系の住民が8割を占め、オリエンタルな雰囲気を感じます。街のメインストリートにはオスマントルコ時代の木造の家屋が並びます。また、モスクやキャラバンサライが並ぶ一角と、ヨーロッパの建築や大聖堂が並ぶ一角がこのメインストリートで結ばれ、この街の歴史を見ることができます。

サラエボからディナルアルプスの渓谷に入り、車窓からは美しい山並みとエメラルドグリーンのネレトヴァ川の眺めが広がります。世界遺産の橋が架かるモスタールの旧市街はオスマントルコの雰囲気が強く残りますが、家の造りはヴェネチア共和国の支配を受けたアドリア海沿岸部に似ているようにも感じます。モスタールから川沿いを走り国境を越えてクロアチアに入国すると車窓も一変し、山から農業地帯、そしてアドリア海沿いと飽きることのないドライブルートです。

このルートの終点はかつてラグーサ共和国として独立をしていたドブロヴニク。堅牢な城壁、石造りの家に赤い屋根、緑の窓枠や扉は今までのサラエボやモスタールの街並みとは全く異なります。サラエボからドブロヴニクまで、約270キロメートル(東京から浜松で約250キロメートル)の間には様々な歴史が流れています。
 
ドブロヴニクを思わせるモンテネグロのブドヴァ
フィヨルドの風景が広がるコトル湾
アドリア海の絶景を眺めるおすすめルート:ドブロヴニクからブドヴァへ

アドリア海沿いで唯一ヴェネチア共和国の支配を逃れ、独立を保ったドブロヴニクの美しい石造りの街並みを堪能し、ツアーはさらに南へ。アドリア海から離れ、農村を眺めながら走るとモンテネグロとの国境に到着です。モンテネグロは「黒い山」という意味で、その名のとおり左手に見える山の地層が黒っぽいです。

国境を越えると、ヨーロッパ最南西のフィヨルドといわれるコトル湾へ。この湾には2つの小さな島が浮かびます。ひとつは岩礁で聖母マリアのイコンが見つかったことから、そのイコンを収めるために造られた人工の聖母マリア島。もうひとつは聖ジョルジェ島。この2つの島とコトル湾の景色は絵葉書にもなっていて、モンテネグロを代表する美しい景観です。 世界遺産に登録されるコトルの旧市街は半日たっぷりと時間を使います。城壁に囲まれた小さな町と背後にそびえ立つ巨大な山の景観はドブロヴニクにも負けず劣らず美しいです。移動の途中、アドリア海特有の石造りと赤い屋根が美しいヘルツェグ・ノヴィでも散策します。
 
アドリア海沿岸ではシーフードが楽しみ
観光客が少なく、落ち着いた雰囲気を楽しめる11月

アドリア海には近年様々な客船が行き交い、寄港地であるドブロヴニクやコトルは5月から10月にかけてたいへん混み合います。11月になるとクルーズのピークシーズンが過ぎるため、どこの街ものんびりとした雰囲気が漂う静かな街の姿へ戻ります。また、海岸部は年間を通して温暖で、11月の平均最高気温は18度、最低気温は10度ほどです。近年ヨーロッパからの観光客も増え、ホテルも外資系の4ツ星、5ツ星ホテルが建てられています。食事も内陸はトルコの影響が強く、野菜が豊富です。アドリア海沿岸はシーフードが豊富ですので、ツアーを通してバラエティのある食事が楽しめます。

「ボスニア・サラエボからアルバニアへ 秋の南バルカン4カ国 歴史街道の旅」の詳細はこちらから
このツアーに関するパンフレット、資料のご請求は、下記のワールド航空サービス各支店、営業所までお問い合わせください。
東京支店
東京支店
東京都千代田区有楽町1-5-1
日比谷マリンビル4階
TEL.03-3501-4111 FAX.03-3501-4114
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
東京支店
大阪支店
大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル29階
TEL.06-6343-0111 FAX.06-6343-0118
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
名古屋支店
名古屋支店
愛知県名古屋市中区栄3-14-7
RICCO栄 6階
TEL.052-252-2110 FAX.052-252-2112
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
九州支店
九州支店
福岡県福岡市博多区博多駅前2-2-1
福岡センタービル11階
TEL.092-473-0111 FAX.092-473-2371
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
札幌営業所
札幌営業所
北海道札幌市中央区北1条西2-1 
時計台ビルB1階
TEL.011-232-9111 FAX.011-232-7455
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
仙台営業所
仙台営業所
仙台市青葉区中央2-2-10
仙都会舘ビル4階
TEL.022-726-0111 FAX.022-726-1234
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
藤沢営業所
藤沢営業所
神奈川県藤沢市藤沢484-1
藤沢アンバービル3階
TEL.0466-27-0111 FAX.0466-27-0941
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)