2015年12月1日更新

ロシア芸術シーズン開幕 サンクト・ペテルブルクに5連泊の旅

マリインスキー劇場 ©sergejf
エルミタージュ美術館別館

夏に押し寄せた観光客が去り、ロシアには芸術の季節が訪れます。昼間は人の少ない静かな美術館で絵画や彫刻、華麗な室内装飾などとじっくり対峙し、夜は音楽やバレエに酔いしれる。ロシアの芸術文化を育んだ長い冬は、芸術愛好家にとっては芸術鑑賞の恰好の季節なのです。  

このツアーはロシア芸術の都サンクト・ペテルブルクに5連泊し、一般的なツアーでは訪れることのない新しく開設された美術館を訪問しながら、ロシア芸術の粋を堪能します。

日本航空ビジネスクラスで行く
ペテルブルクの芸術と小さな美術館を訪ねる旅
 

旅のポイント①
サンクトペテルブルクを代表する名門ホテル「グランド・ホテル・ヨーロッパ」に5連泊 

グランドホテル・ヨーロッパ

このツアーで5連泊するのは、5ツ星の「グランドホテルヨーロッパ」です。サンクト・ペテルブルクの数あるホテルの中でも、群を抜いた立地、サービス面、ハード面も好評です。1824年に建てられ、かつては王族や貴族たちの舞踏会や宴の場所として使われていた由緒あるホテルで、実際にチャイコフスキーやイリヤ・レーピンなどの名高い芸術家たちも宿泊しています。
グランドホテル・ヨーロッパ(イメージ)

このホテルに宿泊されたお客様からは「ロシアのホテルではなくヨーロッパの洗練されたホテル」とのお声をいただいたことがあります。そして何といっても立地が良く、ネフスキー大通り沿いに面していることから、エルミタージュ美術館、ロシア美術館などの主要観光地が全て徒歩圏内です。

旅のポイント②
美術館、博物館をじっくり鑑賞


【エルミタージュ美術館】
ロマノフ王朝の王宮「冬宮」だったエルミタージュ美術館

サンクト・ペテルブルクの街を建設したピョートル大帝に次いで名高い、女帝エカテリーナ二世。彼女の最大の功績は、ロシアの芸術文化の水準を一挙に押し上げ、この街を芸術の都として確率させたことです。 世界三大美術館のひとつ、エルミタージュ美術館もまた、エカテリーナ二世の冬宮だったものです。女帝の私的なコレクションとして始まり、ロシア革命以降貴族から没収された美術品も収蔵。 レオナルド・ダ・ヴィンチやラファエロ、エル・グレコ、ルノワールやゴッホなど、誰もが知る名画の数々に圧倒されることでしょう。所蔵数は300万点にも及びます。

【ロシア美術館】
ロシア美術館は、宮殿内部も豪華な装飾が施されていますので、絵画鑑賞とともにお楽しみください。©throwimwayleg

サンクト・ペテルブルクの美術館というと、エルミタージュ美術館が最も有名ですが、そのエルミタージュにかつて保管されていたロシア国内の作品を展示しているのがロシア美術館です。 もとは皇帝パーヴェル一世の息子ミハイルのために建てられた宮殿で、宮廷社交界の中心的存在だった場所です。また、ここで音楽友の会が創立され、ロシアで最初の音楽学院の発祥の契機となった宮殿でもありました。

ここでご覧いただきたいのは、ロシアのレンブラントとも称される画家イリヤ・レーピンの傑作『ヴォルガの舟曳き』です。レーピンは19世紀に活躍した画家で、当時の貧しい民衆の生活やロシアの大地を緻密に描いた画法で知られています。 このような画法を好んだ画家はロシア・リアリズムと呼ばれ、その代表的な画家がレーピンです。彼はボルガ河の近くに移り住み、3年間かけてこの作品を仕上げました。後にウィーン、パリ、イタリアにも遊学して、レンブラントやベラスケスにふれて感銘を受け、後世の作品にはその影響も見受けられます。

【ファベルジェ美術館】
左:ファベルジェ美術館内 右:インペリアル・イースター・エッグ

ワールド初登場のファベルジェ美術館は、2013年に開館したものです。ロマノフ王朝時代の宝石商ファベルジェの工房で製作したインペリアル・イースター・エッグなどのコレクションが展示され、ロマノフ王朝時代の栄華が偲ばれます。

またエルミタージュ美術館はもちろん、今回は2014年に開館した別館も訪れます。この別館ではおもにルノワールやゴーギャンなど印象派の作品が展示されていますので、本館とは雰囲気の違う展示をお楽しみいただけることでしょう。
 

旅のポイント③
ロシアが誇るバレエの殿堂 マリインスキー劇場での観劇にご案内

マリインスキー劇場 
ロシア料理のディナーも楽しめます

4日目の夜には、マリインスキー劇場での観劇を組み込みました。

サンクト・ペテルブルクのマリインスキー劇場は、ロシア帝国の首都がこの街に置かれていた時代に建てられた由緒ある劇場です。ネオ・ビザンチン様式の現在の建物が完成したのは1860年のこと。時の皇帝アレクサンドル二世の妻マリアの名にちなみ、「マリアの」を意味する「マリインスキー」の名が冠されました。「サンクト・ペテルブルク歴史地区と関連建造物群」の一部としてユネスコの世界遺産にも登録されています。2013年には、本館の近接地にガラスを多用した近代的な造りの新館が完成して、話題を呼びました。

宿泊するホテルはこの芸術ツアーにふさわしい、ロシア屈指の名門「グランド・ホテル・ヨーロッパ」。ストロガノフ宮殿内レストランでのディナーなど、観光内容や食事、すべての質を吟味して企画した旅を、ぜひご堪能ください。

本ツアーは、日本航空ビジネスクラス利用の旅となります。
より快適に、そしてゆったりとロシアの大地へお出かけください。

ペテルブルクの芸術と小さな美術館を訪ねる旅
このツアーに関するパンフレット、資料のご請求は、下記のワールド航空サービス各支店、営業所までお問い合わせください。
東京支店
東京支店
東京都千代田区有楽町1-5-1
日比谷マリンビル4階
TEL.03-3501-4111 FAX.03-3501-4114
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
東京支店
大阪支店
大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル29階
TEL.06-6343-0111 FAX.06-6343-0118
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
名古屋支店
名古屋支店
愛知県名古屋市中区栄3-14-7
RICCO栄 6階
TEL.052-252-2110 FAX.052-252-2112
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
九州支店
九州支店
福岡県福岡市博多区博多駅前2-2-1
福岡センタービル11階
TEL.092-473-0111 FAX.092-473-2371
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
札幌営業所
札幌営業所
北海道札幌市中央区北1条西2-1 
時計台ビルB1階
TEL.011-232-9111 FAX.011-232-7455
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
仙台営業所
仙台営業所
仙台市青葉区中央2-2-10
仙都会舘ビル4階
TEL.022-726-0111 FAX.022-726-1234
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
藤沢営業所
藤沢営業所
神奈川県藤沢市藤沢484-1
藤沢アンバービル3階
TEL.0466-27-0111 FAX.0466-27-0941
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)