2015年3月30日更新

プラシド・ドミンゴが5年ぶりに復帰。ベルリンとウィーン両都市滞在の旅

写真〈左〉:プラシド・ドミンゴ 〈右〉:マリア・グレギーナ ©Toti Ferrer

プラシド・ドミンゴは、ルチアーノ・パヴァロッティ、ホセ・カレーラスと並び三大テノールとして世界的に活躍を続けている人物です。2010年2月、東京での公演中に体調不良を訴え、活動休止を余儀なくされましたが、幸いにも命に係わる症状ではなく、無事4月のミラノ・スカラ座公演から舞台に復帰することが決まりました。精力的に活動を続けるドミンゴですが、親日家としても知られます。東京公演で唱歌『故郷』を日本語で歌ったことが記憶に新しい方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
ウィーン国立歌劇場 〈右下の写真 ©Christian labuero〉

そんなドミンゴと、現代最高のソプラノとして称されるマリア・グレギーナがタッグを組み、ウィーン国立歌劇場でヴェルディ作品『ナブッコ』に登場します。滅多にない2人の共演はすでに世界中から注目されており、もしかするとこれがラストチャンスになるかもしれない……、とも巷間云われています。ワールド航空サービスでは、このプレミアムチケットを何とか確保いたしました。二人の共演に酔いしれ、ベルリン・ウィーン両都市で思い思いの時間をお過ごしください。

              ツアーの前半にはベルリンに滞在
          ベルリンフィルのコンサートをお楽しみいただきます
ベルリンフィル ©Alfredo Sánchez Romero

カラヤン、そしてサイモン・ラトルといった著名な指揮者がおり、また最近では日本人の樫本大進氏がコンサートマスターに就任したことでも知られているベルリン・フィルハーモニー。日本でもたびたび公演を行っており、演奏を聞いたことはなくとも名前だけご存知の方も多いのではないでしょうか。ベルリンフィルの音色に浸り、そして『ナブッコ』へ。皆様を優美な芸術世界へと誘う行程といたしました。
 

◆演目のご案内(ツアーに組み込まれております)
 

5月16日(土)
「ベルリンフィルハーモニーコンサート」
指揮:パーヴォ・ヤルヴィ
ピアノ:ユヤ・ワン
演目:シューマン「序曲、スケルツォと終曲
   
セルゲイ・プロコフィエフ「ピアノ協奏曲」
   
ディミトリ・ショスタコービッチ:「交響曲第一番」など

5月18日(月)
ウィーン国立歌劇場 オペラ『ナブッコ』(ヴェルディ作)
主なキャスト:プラシド・ドミンゴ、マリア・グギーナ、カルロス・オスナ、ミハイル・カザコフ
指揮:ジェスロペス・コブス


自由行動でのおすすめの過ごし方

                 ①博物館、美術館を気兼ねなく訪問
           ご自身のペースでゆったりと鑑賞していただけます


ベルリン、ウィーンともに充実している博物館や美術館ですが、通常のツアーの行程で訪れた際には、1時間30分くらいの滞在が多くなります。そのため、たとえば「この絵を見たい」と思っていても、1つの絵をじっくりと眺めるということはなかなか難しいのが現状です。

そこで、本ツアーでは両都市ともに、基本的には自由行動といたしました。以前訪問された時に時間があまり取れなかった美術館や博物館など、再度じっくりとお時間を取ってみるのもおすすめです。もちろんご希望の方は添乗員がご案内いたしますのでご安心ください。おすすめの訪問地を下記にてご紹介します。旅の参考にされてみてはいかがでしょう。

ベルリン【5月14日(木)〜 5月16日(土)】

写真 ペルガモン博物館
(左):
重厚な外観です ©土屋豊 (真ん中):青色と黄色の煉瓦が美しいイシュタル門 (右):ゼウスの大祭壇 ©土屋豊

●ペルガモン博物館 
古代バビロニアで紀元前6世紀に建設されてたイシュタル門、古代ギリシアのペルガモン(現トルコ)で発掘された『ゼウスの大祭壇』など、見どころ満載です。

●ベルリンの壁博物館
1961年8月13日のベルリン封鎖当時の市内の様子や、東側から逃れてきたときのルートや手段など、ベルリンの壁の今昔を伝えるパネルや写真が展示されています。


ウィーン【5月17日(日)〜 5月20日(水)】
●美術史美術館
世界最多のフェルメールコレクションを始め、ウィーンでも随一の知名度と作品を所蔵する美術館。フェルメール『雪中の狩人』や『絵画芸術』、ラファエロ『草原の聖母』など、主要な作品をご紹介。

●王宮
ハプスブルク家ゆかりの場所はウィーン市内に数えきれないほどありますが、最もゆかりがあると言える場所の一つが王宮です。改築を重ねたためいくつもの建物で構成されています。神聖ローマ帝国皇帝冠をはじめハプスブルク家の宝物が展示される「宝物館」、美しい「国立図書館」など、じっくり時間をかけて鑑賞したい場所です。


          ②せっかくの自由食。地元の食事をお楽しみください
写真:カフェ・ザッハー

ハプスブルク家の影響で、ウィーンには今でも数えきれないほどのカフェがあり、コーヒーの種類も非常に豊富です。宮殿のような豪華なカフェ、地元の人が通うカフェなど様々なものがあります。有名なカフェでいうなら「ザッハートルテ」発祥の店「カフェ・ザッハー」がおすすめです。

〈ウィーンの見取り図〉
市民の目線で気ままにそぞろ歩き。お気に入りのお店を探してみては?
©中村真人 クロイツベルク地区

一方でベルリンは、カフェ文化という点ではウィーンには及ばないかもしれません。ですが、19世紀の町並みが残るクロイツベルク地区で賑わいをみせるマーケットなど、市民の生活圏を覗いてみれば、いまのベルリンの“食”に出会うことができるでしょう。

また、やはりドイツということもあり、ベルリンにはおいしいビアレストランが数多くあります。本場のソーセージに舌鼓を打ちつつ、味わい深いビールをもう一杯……ドイツならではの食文化をぜひご堪能ください。


滞在のホテル「アム コンツェルトハウス ウィーン」、「ラディソン・ブリュ(ベルリン)」はいずれも立地が良く、街歩きにも便利な場所にあります。添乗員もお手伝いいたしますので、ゆったりと散策へ出かけましょう。


   ③もっと音楽を楽しみたいというお客様には、ウィーンにて追加手配を承っております。
写真:ウィーン楽友協会

音楽の都ウィーンに滞在するのであれば、ツアーでご案内する音楽以外にも楽しまれたいお客様もいらっしゃるかと思います。ウィーンにはコンサート会場がいくつかあり、連日コンサートが行われています。注目のコンサートを下記に抜粋いたしました。ご実費での鑑賞となりますが、きっと思い出のコンサートになることでしょう。

※下記演目は3月17日(火)現在、ご案内可能な演目です。
行き違いで売り切れの場合もございますので予めお含みおきください。

5月17日(日) 
グラーツフィルハーモニーオーケストラコンサート

会場:楽友協会大ホール
演目:ショスタコーヴィチ『交響曲第5番』、エネスク『ルーマニア狂詩曲第1番』など

5月19日(火) 
バレエ『ラ・シルフィード』

会場:国立オペラ座

5月19日(火) 
ウィーンアカデミーオーケストラコンサート

会場:楽友協会大ホール
演目:ブラームス『ドイツ・レクイエム』、ヴィドール『オルガン交響曲第6番』など

5月19日(火)
ピアノコンサート(ピアノ:ルドルフ・ブッフビンダー)

会場:コンツェルトハウス大ホール
演目:モーツァルト『ピアノソナタ第12番』、ベートーベン『ピアノソナタ第21番』など


プラシド・ドミンゴが5年ぶりに舞台に、戻ってくる
「ドミンゴ&グレギーナ「ナブッコ」とベルリンフィルの旅」はこちらから
このツアーに関するパンフレット、資料のご請求は、下記のワールド航空サービス各支店、営業所までお問い合わせください。
東京支店
東京支店
東京都千代田区有楽町1-5-1
日比谷マリンビル4階
TEL.03-3501-4111 FAX.03-3501-4114
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
東京支店
大阪支店
大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル29階
TEL.06-6343-0111 FAX.06-6343-0118
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
名古屋支店
名古屋支店
愛知県名古屋市中区栄3-14-7
RICCO栄 6階
TEL.052-252-2110 FAX.052-252-2112
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
九州支店
九州支店
福岡県福岡市博多区博多駅前2-2-1
福岡センタービル11階
TEL.092-473-0111 FAX.092-473-2371
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
札幌営業所
札幌営業所
北海道札幌市中央区北1条西2-1 
時計台ビルB1階
TEL.011-232-9111 FAX.011-232-7455
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
仙台営業所
仙台営業所
仙台市青葉区中央2-2-10
仙都会舘ビル4階
TEL.022-726-0111 FAX.022-726-1234
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
藤沢営業所
藤沢営業所
神奈川県藤沢市藤沢484-1
藤沢アンバービル3階
TEL.0466-27-0111 FAX.0466-27-0941
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)