2015年2月2日更新

船旅で訪ねる、セーヌ河畔の美しい町々

フランス4大河川のひとつ、セーヌ河。パリを中心とするイル・ド・フランス地方を流れる河川で、パリを抜けると蛇行を繰り返しながら河口の港町オンフルールへと向かい、英仏海峡に注ぎ込みます。 セーヌ河畔には「絵のような」という形容詞そのままの風情ある町々が点在しており、モネやシスレー、ピサロ、ルノワールなど印象派の画家たちは、これらの風景を数多く描きました。 オンフルールからパリへ、初夏のセーヌの船旅にご案内します。
パリに至る過程で絵になる小さな町を目にします
色彩溢れるオンフルールの船泊まり
セーヌ河畔の町① オンフルール 

オンフルールはかつてセーヌ川随一の港町でしたが、17世紀の末頃から外洋を航海する帆船が大型化し、海に臨む近郊の港町ル・アーブルにその地位と繁栄を奪われてしまいました。しかし、それが幸いして、昔日の港町風情が手つかずの状態で残ることになりました。そこには今も、中世から時間が静止しているような古びた町並みがあります。

午後、船泊まり(バッサン)には帆を広げて停泊する漁船やヨットに優しい日射しが降り注ぎます。そしてこのバッサンを囲むように古風な木造の家々が並びます。ドイツの田舎町を思わせるような木骨組みで造られた家々は、漆喰の壁面を淡いグリーンやピンクで塗られています。屋根を見上げると、つやつやしたグレーの天然スレートが葺かれていて、年月を経ているからなのか、よく見ると黄、緑、赤褐色が混じり合い、その色調が日射しの加減で刻々と変化します。

色彩に溢れたバッサンの美しさにふれれば、この町が詩人や印象派の画家たちに愛されたことが理解できるでしょう。今でもバッサンの周りではカンバスを広げた画家たちがデッサンしている姿を目にします。
 
ノルマンディー地方の中心地ルーアン
セーヌ河畔の町② ルーアン 

パリの北西約120キロメートルに位置するルーアンは、ローマ時代からの歴史を持ち、かつてはノルマンディー公国の都として栄えました。15世紀前半には、百年戦争で捕らえられたジャンヌ・ダルクが火刑に処せられた終焉の地でもあります。フランス・ゴシック様式の傑作として知られるルーアン大聖堂は、足掛け4世紀もの時を経て16世紀に完成しました。尖塔の高さはフランス最高の151メートルあります。

モネは92年、ルーアン大聖堂の連作に取りかかりました。広場を挟んだ大聖堂前にあった女性下着店(現ルーアン観光局)の2階にアトリエを置き、2年以上かけて、光を浴びて刻々と変化する石造りの大聖堂西側ファサードと左側にあるアルバーヌ塔を、迫力ある構図で描きました。  


         ツアーではアトリエのあった場所で専門家による「印象派講座」を開きます。
           その後、大聖堂をご覧いただくことで、より印象が深まることでしょう。
 
ルーアン大聖堂
モネが大聖堂を描いたアトリエにて、「印象派講座」を開きます。©EBénard
ジベルニーの庭園

翌日、モネが後半生を過ごしたジベルニーの庭園へ。   

6月中旬は緑の木々もいきいきとしていて、花々も美しい季節。
モネの代表作『睡蓮』に描かれたジベルニーの庭園は、
絵画そのままの風景で旅人たちを迎えます。

庭に咲くバラをはじめとする色とりどりの花々や、
池にたおやかに咲く睡蓮をお楽しみください。


               シャンソンを聴きながらパリへ 
                光のサントシャペル特別鑑賞
通常の開場前にサントシャペルに入場。荘厳な雰囲気に浸れます ©gnosne
船旅のクライマックスにパリでのナイトクルージングをご用意 ©Henry_Marion
ジベルニーを出発し、船はいよいよパリへ。いよいよ花の都へ向かうというところで、シャンソンをご鑑賞いただく特別プログラムをご用意しました。パリに馴染みのある名曲の数々を船上でお聴きいただき、高揚感に包まれながら幻想的なパリの風景に酔いしれてください。

パリに到着したら、セーヌ河畔の夕景を眺めながらクルージング。ゆっくりと日が暮れていき、徐々に明かりが灯っていく幻想的な風景に酔いしれてください。

翌朝、パリではシテ島にある「サントシャペル」 にご案内します。2階部分は壁がほぼステンドグラスに覆われた神秘の世界です。人気が高いため、いつも長蛇の列となっているのです。今回は開場前のサントシャペルを、ワールドのお客様だけに特別参観いただくプログラムをご用意しました。ステンドグラスに光が射し込み、聖堂内に光が満たされる凛とした雰囲気を、静かに、ゆっくりと味わえます。
 
           リバークルーズ船 「セーヌ・プリンセス号」
セーヌ河をクルーズする「セーヌ・プリンセス号」。後方には、ノートルダム寺院が見えます(イメージ)
季節の食材に合わせたメニューが楽しみです
今回の旅は、ご好評いただいておりますクロワジ社の「セーヌ・プリンセス号」を利用します。設備も整っており、清潔感のある客船です。キャビンは全て同じ大きさで15平方メートルの広さがあり、船のキャビンとしては、外洋船の中級キャビンに匹敵する過不足のない広さといえます。

アッパーキャビンとメインキャビンの2種類のみで、どちらのキャビンも窓が大きく、キャビンに入ったときに明るい感じを受けます。クルーのサービスもきびきびしており、日本人のお客様にも好評です。

けっして豪華ではありませんが、すっきりとしていて清潔感のあるサービス。これが欧米人を中心に多くのリピーターを有するリバークルーズのトップ会社のひとつとして「クロワジ社」の評判を支えている大きな要因となっています。また、昨年から「オールインクルーシブ制」となり、船内の飲み物はいつでも無料で飲めるようになりました。

クルーズ中の服装もカジュアルです。正装の必要はございません。夕食時に男性はジャケット、女性は簡単なおしゃれ着程度で十分です。気軽にお楽しみください。 各キャビンにはテレビ、ヘアドライヤー、セキュリティーボックス、クローゼット、電話、トイレ、シャワーを完備しています。スーツケースはベッドの下に収納することができます。

              バラと睡蓮セーヌ彩りの船旅 5コース
 
モン・サンミッシェル ©ATOUT FRANCE photographe Pierre Torset
「光のサントシャペルとセーヌの船旅」はこちらから
緑豊かなノルマンディの風景をご覧いただきながら6泊7日のセーヌ河クルーズを楽しみます。パリではイルミネーションクルーズやサントシャペルの貸し切り見学など特別プログラムも組み込みました。

「花咲き誇るセーヌ 北フランスからパリへの旅」はこちらから
セーヌクルーズ乗船前には、北フランスのアミアンやバラの村ジェルブロワを訪ね、下船後はオランジュリー美術館での『睡蓮』鑑賞やサン・ジェルマン地区の散策などパリでの滞在を楽しみます。

「花咲き誇るセーヌからモン・サン・ミッシェルの旅」はこちらから
乗船前には、ブルターニュ地方を巡り、素朴な田舎の風景やゴーギャンに愛されたポン・タヴァンなどを訪ねます。またモン・サンミッシェルにも宿泊。時間帯を変えて、朝に夕に印象的な姿をご覧いただきます。
緑豊かなセーヌ河畔の風景

ビジネスクラスの旅

「花咲き誇るセーヌから 
  モン・サンミッシェルへの旅」はこちらから

爽やかな5月のセーヌ河クルーズを楽しんだ後、人気のモン・サンミッシェルを10日間というコンパクトな日程で訪ねるコースです。モン・サンミッシェルでは島内のホテルに宿泊、夜のライトアップも楽しみます。

下記のコースもございます。
ツアー詳細ページはもうしばらくお待ちください。
関空発「光のサントシャペルとセーヌの船旅」
このツアーに関するパンフレット、資料のご請求は、下記のワールド航空サービス各支店、営業所までお問い合わせください。
東京支店
東京支店
東京都千代田区有楽町1-5-1
日比谷マリンビル4階
TEL.03-3501-4111 FAX.03-3501-4114
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
東京支店
大阪支店
大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル29階
TEL.06-6343-0111 FAX.06-6343-0118
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
名古屋支店
名古屋支店
愛知県名古屋市中区栄3-14-7
RICCO栄 6階
TEL.052-252-2110 FAX.052-252-2112
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
九州支店
九州支店
福岡県福岡市博多区博多駅前2-2-1
福岡センタービル11階
TEL.092-473-0111 FAX.092-473-2371
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
札幌営業所
札幌営業所
北海道札幌市中央区北1条西2-1 
時計台ビルB1階
TEL.011-232-9111 FAX.011-232-7455
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
仙台営業所
仙台営業所
仙台市青葉区中央2-2-10
仙都会舘ビル4階
TEL.022-726-0111 FAX.022-726-1234
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
藤沢営業所
藤沢営業所
神奈川県藤沢市藤沢484-1
藤沢アンバービル3階
TEL.0466-27-0111 FAX.0466-27-0941
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)