2013年9月1日更新

個性豊かなハワイ4島を船旅で巡る

「緑のグランドキャニオン」とも呼ばれるナ・パリ・コースト(カウアイ島)

進化するハワイの旅の形

往年の名曲『憧れのハワイ航路』がヒットしたのは戦後間もない昭和22年のことですが、実際に海外の渡航が自由化されたのは昭和39年のことでした。当時、海外旅行はなかなか手の届くものではなく、ハワイは紛れもなく「憧れ」の地でした。やがて、日本の経済成長ともに、夏休みなどにハワイを訪れる人も年々増え続け、ひと頃、海外旅行といえば「ハワイ」というほどの人気ぶりでした。著名人が年末年始を過ごす場となっていったのは、いつ頃からだったでしょう。

そして海外渡航自由化から50年近くが経過し、海外旅行が日常化した現在も、日本人の多くにとってハワイはナンバー1のリゾート地であり続けています。しかし、リピーターも増加していくなかで、ハワイの旅はオアフ島のホノルル・ワイキキビーチで海水浴、メインストリートの免税店でショッピングというお決まりのものから進化を遂げ、オアフ島だけでなくほかの島へ足を延ばすのが主流になってきています。
 
キラウエア火山(ハワイ島)
シダの洞窟(カウアイ島)
4島巡りはクルーズが一番

ハワイは、オアフ、カウアイ、ハワイ、マウイの4つの島から成っていますが、この4島を巡るには、船が一番です。航空機で移動するとなると、荷を詰めて、空港へ、安全検査を何度も受けて、次の島へと、煩わしいものです。クルーズならば、荷物まとめは一度だけ。ひとつのホテルに長期滞在するような感覚で旅をすることができます。しかも、クルーズの良いところは移動も目的となり、楽しみとなるところです。客船=洋上のホテルからの眺めも、日替わりで展開していきます。

ハワイ4島には、それぞれ個性を印象づけるニックネームがついています。たとえばハワイ島なら「ビッグアイランド」。世界遺産にも登録されているハワイ火山群国立公園の中心にある、キラウエア火山の溶岩に覆われた漆黒の大地で、地球の鼓動をじかに感じることのできる場所です。 「渓谷の島」と呼ばれるマウイ島は、一転して峻嶮な岩の世界や珍しい高山植物の銀剣草も見ることができます。また、緑が豊かなことから「庭園の島」として知られるカウアイ島には、ハワイの王族に受け継がれてきた神聖な場所、シダの洞窟があります。このカウアイ島のナ・パリ・コーストの遊覧クルーズも、船旅でしか味わえない景観のひとつ。内陸は道がないため、海からしかご覧いただけない場所です。何万年もの気の遠くなるような時間をかけて侵食された、まるで恐竜の爪痕のような断崖が見どころです。
 
船では本格フレンチから和食まで楽しめます
プライド・オブ・アメリカ号

気軽に楽しめるプライド・オブ・アメリカ号の船旅

客船クルーズというと、どうしても堅苦しい服装規定のイメージが付きまといますが、その点プライド・オブ・アメリカ号は、ハワイを基点にしているため、カジュアルな服装で気軽に船旅が楽しめることで好評です。スーツやドレスなど一切なくても大丈夫で、夕食時でさえポロシャツやブラウス、アロハシャツで結構です。 また、プライド・オブ・アメリカ号は、「お好きな時間にお好きな人と自由に楽しく過ごす」をコンセプトにしているだけあり、船内の施設も充実しています。8つのレストラン、10のバーラウンジ、3つのプールに大型劇場やカジノ、スポーツ施設など、お好みに合わせてお過ごしいただけます。退屈とは無縁の充実のクルーズライフです。
 
名門ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」
豪華な「ザ・カハラ」のロビー
ホノルルでは名門「ザ・カハラ」に宿泊

オアフ島のホノルルにて下船後、アメリカの歴代大統領や各国の著名人も訪れる由緒ある名門ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」に宿泊します。ダイヤモンドヘッドとココヘッドクレーターの間の閑静なカハラ地区に位置しており、オアフ島の美しさ、静けさにふれることができます。2009年には天皇皇后両陛下もご宿泊されています。ゆったりとくつろげる51平方メートルもある広々とした客室は、毎回お客様に好評です。


  「憧れの「ザ・カハラ」に泊まる ハワイ4島を巡る船旅」の詳細は下記から
【成田発】 【関空発】

次のピックアップツアー「グアテマラ彩色豊かな村と世界遺産の古都アンティグアの旅」はこちらから
このツアーに関するパンフレット、資料のご請求は、下記のワールド航空サービス各支店、営業所までお問い合わせください。
東京支店
東京支店
東京都千代田区有楽町1-5-1
日比谷マリンビル4階
TEL.03-3501-4111 FAX.03-3501-4114
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
東京支店
大阪支店
大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル29階
TEL.06-6343-0111 FAX.06-6343-0118
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
名古屋支店
名古屋支店
愛知県名古屋市中区栄3-14-7
RICCO栄 6階
TEL.052-252-2110 FAX.052-252-2112
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
九州支店
九州支店
福岡県福岡市博多区博多駅前2-2-1
福岡センタービル11階
TEL.092-473-0111 FAX.092-473-2371
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
札幌営業所
札幌営業所
北海道札幌市中央区北1条西2-1 
時計台ビルB1階
TEL.011-232-9111 FAX.011-232-7455
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
仙台営業所
仙台営業所
仙台市青葉区中央2-2-10
仙都会舘ビル4階
TEL.022-726-0111 FAX.022-726-1234
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
藤沢営業所
藤沢営業所
神奈川県藤沢市藤沢484-1
藤沢アンバービル3階
TEL.0466-27-0111 FAX.0466-27-0941
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)