2014年10月31日更新

【残席わずか】動画をアップ! 優雅な南極クルーズ


南極クルーズの変遷  

クルーズ船を利用しての南極観光が始まったのは、1960年代からです。その初期には南極基地へ物資を運ぶ貨客船に観光客も便乗させてもらい、南極の地に足跡を残しました。1980~1990 年代になると、観光客を専門に南極へお連れするクルーズ船が冬場のシーズンに多く配船されるようになり、簡易なロシアの探検船を改造したものから、ベルリッツのシップ・レーティング(評価)に乗るような高級船まで、幅広いお客様のニーズにお応えできるようになりました。

そして南極は、近年では世界中から年間2万人以上の観光客が訪れる大型観光地となっているのです。地球に残された最後のフロンティアといわれ、世界のどの国にも属さない動物の天国を目指して、世界中から多くの観光客が訪れるため、各船会社は船の設備や観光ルートを研鑽して競い合っているのが現状です。
デュ・ポナン社の最新鋭船ソレアル号。高レベルの揺れ制御能力が、優雅な南極クルーズを可能にしています
 
ソレアル号のロビー。まるでホテルです
2013年就航の高級客船ソレアル号

今までは砕氷船か大型船を利用するのが圧倒的に多かったですが、砕氷船だと質の高い食事やサービスがあまり望めず、大型船だと狭い海域に入れずあまり上陸できないなど、それぞれ問題がありました。しかし、今回利用する2013年就航のソレアル号は、欧州では知る人ぞ知る高品質の食事やサービスを誇るデュ・ポナン社の高級客船です。さらに10,700トンという大きさで、大型船に比べて機動性があるため、狭い海峡なども入っていくことができます。いわば両者の懸念材料を一挙に解消した船といえるでしょう。
お部屋は全室が海側キャビンでその95パーセントがバルコニー付きです。ご利用いただくキャビンの広さも21~54平方メートル(バルコニーの広さも含みます)と階層ごとに多彩なバリエーションの中からお選びいただけます。ソファやクローゼット、バスルームと独立したトイレ。そして全室Wi-Fi完備と、新鋭船らしい設備を搭載しています。

お食事は260席のメインレストランでお召し上がりいただきます。もちろん、ラウンジバー、シアター、美容室、スパ、プール、フィットネスセンター、ライブラリー、メディカルセンターなど、クルーズを快適にお過ごしいただく施設も充実しています。
メインダイニング
フレンチ懐石風の上質なお食事


デュ・ポナン社が制作した、ソレアル号を撮影した動画をアップしました(11月6日)。どうぞご覧ください。
 

Video in Antarctica shot from the sky with UAVs. from PONANT on Vimeo.


 

ゾーディアックボートを利用して上陸観光

体力的に無理のない南極観光    

南極観光と聞くと、大変でしょう? とか年齢的に体力的にもう無理とかいうお声を多く頂戴いたしますが、実際に行ってみると、そんな心配はご無用です。ワールド航空サービスでは年間に約1000 本のツアーを催行しておりますが、南極クルーズはその中でも最も体力的に楽なツアーのひとつといえます。船に乗ってしまえば、毎日スーツケースを出す煩わしさもなく、バスでの長距離移動もありません。

上陸観光ではゾーディアックと呼ばれるゴムボートを利用しますが、上陸した後は、せいぜい半径500 メートルくらいが行動範囲となり、そこでペンギンなどの動物や氷河、氷山をご覧いただくので、ヨーロッパの都市巡りのように長時間歩くこともありません。もう体力的に南極は無理かしらとお考えの方は、担当の南極クルーズ体験者にぜひお問い合わせください。意外と楽なツアーであることをご説明いたします。
火山の島デセプション島に上陸

「南極まで行って何を見るの? 氷だけでしょ?」というお声も多くいただきますが、そんなことはありません。近年の南極クルーズは航路をしっかりとルーティングしており、毎日変化に富んだ驚きの体験ができるようにプログラムされておりますので、十二分にお楽しみいただけることと思います。どうしようかと迷っている方も、夢の南極クルーズに参加してみてください。きっと人生が変わるような体験となることでしょう。
南極半島の先端、ブラウン・ブラフ
アザラシにもよく出会います

「優雅に楽しむ南極ラグジュアリーシップの船旅」はこちらから
このツアーに関するパンフレット、資料のご請求は、下記のワールド航空サービス各支店、営業所までお問い合わせください。
東京支店
東京支店
東京都千代田区有楽町1-5-1
日比谷マリンビル4階
TEL.03-3501-4111 FAX.03-3501-4114
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
東京支店
大阪支店
大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル29階
TEL.06-6343-0111 FAX.06-6343-0118
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
名古屋支店
名古屋支店
愛知県名古屋市中区栄3-14-7
RICCO栄 6階
TEL.052-252-2110 FAX.052-252-2112
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
九州支店
九州支店
福岡県福岡市博多区博多駅前2-2-1
福岡センタービル11階
TEL.092-473-0111 FAX.092-473-2371
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
札幌営業所
札幌営業所
北海道札幌市中央区北1条西2-1 
時計台ビルB1階
TEL.011-232-9111 FAX.011-232-7455
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
仙台営業所
仙台営業所
仙台市青葉区中央2-2-10
仙都会舘ビル4階
TEL.022-726-0111 FAX.022-726-1234
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
藤沢営業所
藤沢営業所
神奈川県藤沢市藤沢484-1
藤沢アンバービル3階
TEL.0466-27-0111 FAX.0466-27-0941
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)