2014年4月7日更新

話題の日本発着クルーズで、北海道・サハリンへ

「史上最大規模」の 日本発着クルーズ  

昨年は2020年の東京オリンピックの開催が決まり、日本人の伝統的な食文化である和食がユネスコの無形文化遺産に登録されるといった日本にとってうれしいニュースが続きました。訪日外国人客数も念願の1000万人を超え、今、世界から日本への注目度が増しています。

また、近年、日本に寄港する外国船が増えてきました。これまでは日本近郊のクルーズというと、日本船が当たり前でした。日本客船なので、言葉や食事の不安はありませんが、乗客は日本人ばかりで、ふだん、外洋クルーズに親しんでいる方にとっては、外国の方々との交流がない分、ちょっと物足りないという声も聞きます。

それが昨年、世界最大級のクルーズ会社プリンセスクルーズが、日本発着クルーズに本格参入しました。 そして今年はプリンセス社による「史上最大規模」の日本発着クルーズが実施されます。プリンセス社の「オードリーが愛したクルーズが日本の旅をエレガントにする。人生にプリンセスな魔法を」というテレビ・コマーシャルをご覧になられた方も多いと思います。その中でも、私どもが今回ご案内するのは小樽発着の北海道周遊のコースです。

「北海道周遊とサハリンの船旅」はこちらから


外国船籍の客船で 日本を巡る

プリンセス社の船には、外国のお客様も全体の約3割いらっしゃいます。国際的な雰囲気を感じながら日本を楽しむことができるのは外国船籍ならではです。反対に外国船で不安なことに言葉の問題が挙げられますが、日本語を話すスタッフが乗船しています。食事は和朝食も用意されており、日本人寿司職人がいるレストランも新設されました。また、今年より、プリンセスクルーズの最初の客船の命名式に名づけ親として参加した女優オードリー・ヘプバーンのためにディナーとして用意された特別メニューが再現されるそうです。

日本国内を旅しますが、外国を旅しているような雰囲気の中、外国の方に交じって旅して、視点が変わることによって、日本の風景や魅力をあらためて見直せるような、そんな船旅になることでしょう。
函館山からの函館の眺望。両側を海に挟まれ、くびれた形が特徴的です。

日本の面影残る サハリンに寄港

ご案内するクルーズで最後に寄港するサハリンは、かつて日本の統治下に置かれていました。かつては大泊と呼ばれたコルサコフから、サハリン最大都市ユジノサハリンスクへ。山々に囲まれたユジノサハリンスクは、かつて豊原という日本名で呼ばれていました。町の中心には、日本統治時代に北海道拓殖銀行が置かれた建物が今でも残り、町の州立美術館として使われ、かつての日本の面影を残しています。
 
日本統治時代に設立された旧樺太庁博物館。現在は郷土史博物館
ロシア正教十字とドームを載せた聖ニコライ教会
町の中心のレーニン広場には、今でもレーニン像が立ち、旧ロシアの建物やタマネギ型ドームのロシア正教会もご覧いただけますので、やはりここはロシアなのだと実感することができるでしょう。

バスのツアーでは、これだけ北海道の見どころを回ると移動が大変ですが、船旅では景色をのんびり楽しみながら移動を楽しむことができます。クルーズの旅といえば、はるかに遠い世界と感じられていた方もなかにはいらっしゃることでしょう。しかし、小樽から船が出港するという気軽なもの。新しい旅の形を見つけに、どうぞこの機会にお出かけください。
(『WORLD旅のひろば』2014年3月号より転載)
オホーツク海のサンセットシーンをどうぞご覧ください。

「北海道周遊とサハリンの船旅」はこちらから
このツアーに関するパンフレット、資料のご請求は、下記のワールド航空サービス各支店、営業所までお問い合わせください。
東京支店
東京支店
東京都千代田区有楽町1-5-1
日比谷マリンビル4階
TEL.03-3501-4111 FAX.03-3501-4114
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
東京支店
大阪支店
大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル29階
TEL.06-6343-0111 FAX.06-6343-0118
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
名古屋支店
名古屋支店
愛知県名古屋市中区栄3-14-7
RICCO栄 6階
TEL.052-252-2110 FAX.052-252-2112
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
九州支店
九州支店
福岡県福岡市博多区博多駅前2-2-1
福岡センタービル11階
TEL.092-473-0111 FAX.092-473-2371
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
札幌営業所
札幌営業所
北海道札幌市中央区北1条西2-1 
時計台ビルB1階
TEL.011-232-9111 FAX.011-232-7455
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
仙台営業所
仙台営業所
仙台市青葉区中央2-2-10
仙都会舘ビル4階
TEL.022-726-0111 FAX.022-726-1234
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
藤沢営業所
藤沢営業所
神奈川県藤沢市藤沢484-1
藤沢アンバービル3階
TEL.0466-27-0111 FAX.0466-27-0941
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)