2015年9月1日更新

優雅な「動くホテル」でミャンマーの素朴な村々へ

ヨーロッパ人にも人気のパンダウ号
ミャンマーを訪ねる絶好のチャンスは「今」です

2011年の民政移管以来、一躍アジアの注目国となったミャンマー。町には各国からやってきたビジネスマンが闊歩し、経済も上り調子、まさにこれからという躍動感に溢れています。

仏教遺跡をはじめ数々の観光資源を有するミャンマーですから、今後多くの観光客が訪れることが見込まれます。都市部を中心に人々の生活が急激に変わりつつあるミャンマーですが、タイやベトナムなど、他のインドシナ諸国と比較すると、まだ人々の暮らしぶりは素朴といえるでしょう。とくに郊外の町や村では、敬虔な仏教の教えや伝統を守りながら、昔から変わらぬ生活を送っており、「祈りの国」とも呼ばれています。

本ツアーでは、2014年建造の「パンダウ号」に乗船し、「アジアの原風景」を感じられる田舎の村々を巡ります。工夫を凝らした伝統的な生活、旅人の心を癒す素朴な笑顔との出会いは、イラワジ河を旅する大きな醍醐味といえるでしょう。

アジア三大仏教遺跡に数えられるバガンや古都マンダレーなど名所・旧跡の見どころはもちろんのこと、素焼きの陶器造りで有名なヤンダホ村や、白いパゴダ群ミャテインタンが壮麗なミングォンなど、ユニークな訪問地へもご案内します。格調の高いクルーズシップで、河岸の素朴な風景を望みながら、優雅なクルーズをお楽しみください。
左:ヤンダボ村。川で取れる赤土で作った素焼きの壷で有名です 右:ミングォンの白いパゴダ群ミャテインタン

旅のポイント①
アジア“最後の楽園”ミャンマーの古都を巡るゆとりの行程
クルーズでしか訪問できない素朴な村を満喫します

イラワジ河はミャンマーの人々の生活には欠かせないもの。船上から望む、川岸で農作業をしている様子や子どもたちが遊んでいる様子など、人々のゆったりとした生活風景は、雄大な夕日と夕暮れの風情とともに忘れられない思い出となることでしょう。通常のツアーでは訪れる機会のない河岸の素朴な村々の散策もこのコースならではです。

イラワジ河畔の古都マンダレーから聖地サガインや、素焼きの壺で有名なヤンダホ村などに立ちよりながら、アンコールワットやボロブドゥールと並ぶアジア三大仏教の地バガンへと7泊8日のイラワジ河クルーズを楽しみます。

旅のポイント②
アジア三大仏教遺跡バガンは2日間かけて観賞します
夕暮れには美しいパゴダのシルエットがご覧いただけます

国民の9割が敬虔な仏教徒であるミャンマーには、数々の遺跡が残されています。なかでも、ボロブドゥール、アンコール・ワットと並ぶ世界三大仏教遺跡に数えられるバガンの仏教遺跡群は、広い草原に約3000もの大小のパゴダが点在する大規模なもの。

このバガンで感動なのが無数のパゴダを染めてゆく夕暮れです。船を下りてから夕暮れのバガン遺跡へ。パゴダの一つに登ると無数のパゴダが見渡せます。このパゴダを茜色に変えながらの夕暮れはまさに感動の一瞬です。イラワジ川の川面をオレンジ色に染める夕暮れをたっぷりとご覧ください。

旅の締めくくりに、
ヤンゴンの聖地シュエダゴンパゴダへ
黄金に輝くシュエダゴンパゴダ

ミャンマーは東アジア、東南アジア、南アジアの3つのエリアを結ぶ要衝に位置します。旅の終点は、かつての首都である古都ヤンゴンです。英国統治時代の面影を残すコロニアル様式の建物が立ち並ぶ下町エリアや、インド人街、中国人街など、それぞれ雰囲気が異なり、複雑な歴史を肌で感じていただけることでしょう。

高さ100メートル、巨大な仏塔を戴くシュエダゴンパゴダは、一説には2500年の歴史があるとされる、ヤンゴンを象徴する聖地です。黄金に輝く仏塔には何千個もの宝石が埋め込まれ、遠目からでもその輝きはまぶしいほどです。

アジアの原風景をゆく ミャンマー・イラワジ河の船旅
このツアーに関するパンフレット、資料のご請求は、下記のワールド航空サービス各支店、営業所までお問い合わせください。
東京支店
東京支店
東京都千代田区有楽町1-5-1
日比谷マリンビル4階
TEL.03-3501-4111 FAX.03-3501-4114
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
東京支店
大阪支店
大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル29階
TEL.06-6343-0111 FAX.06-6343-0118
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
名古屋支店
名古屋支店
愛知県名古屋市中区栄3-14-7
RICCO栄 6階
TEL.052-252-2110 FAX.052-252-2112
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
九州支店
九州支店
福岡県福岡市博多区博多駅前2-2-1
福岡センタービル11階
TEL.092-473-0111 FAX.092-473-2371
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
札幌営業所
札幌営業所
北海道札幌市中央区北1条西2-1 
時計台ビルB1階
TEL.011-232-9111 FAX.011-232-7455
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
仙台営業所
仙台営業所
仙台市青葉区中央2-2-10
仙都会舘ビル4階
TEL.022-726-0111 FAX.022-726-1234
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
藤沢営業所
藤沢営業所
神奈川県藤沢市藤沢484-1
藤沢アンバービル3階
TEL.0466-27-0111 FAX.0466-27-0941
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)