2015年6月22日更新

ミャンマーの原風景をゆったりと味わう14日間

首長族。こんな少数民族にも出会えます
ミャンマーについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。世界遺産の遺跡群バガンや風光明媚なインレー湖など見どころが多い一方で、近代化が進むアジア諸国の中でも「素朴な人々の生活ぶり」がまだまだ残されているのが、この国の特徴。旅行を終えたときのお客様から、素朴で純情な人々の笑顔と暮らしぶりが心に残ったという言葉をよく聞きます。ミャンマーの魅力はのどかな田舎や農村風景の中にこそあるのです。

そこで、今回の企画ではあえて空路をほとんど使わずに、陸路のバス移動でつなげることで、古き良きアジアの姿が今も残る、人々の生活風景にもたっぷりとふれていただく行程といたしました。小僧さんたちの托鉢風景、農村で働く人々の姿、インレー湖を進む漁師……どこか懐かしい心に沁みる情景を車窓や休憩地点でご覧いただきたく、ツアーの随所に工夫を凝らしました。

また14日間と長期間の日程にすることで、通常はなかなか訪れることがないカックー遺跡など、新しいミャンマーの見どころをあますことなく伝えるコースといたしましたで、どうぞご期待ください。今回は、ツアーのおすすめポイント、ミャンマーの生活風景を写真とともにご案内いたします。
 

古都ピイのシュエサンドー・パゴダ


ミャンマーといえば敬虔な小乗仏教徒の国です。人々の生活に仏教は深く根付いており、どこにいっても仏塔(パゴダ、パヤー)があり、信仰のよりどころとなっています。古代ピュー族の王朝タイエーキッタヤーの都が置かれた古都ピイには、ミャンマー三大仏塔のひとつに数えられるシュエサンドー・パゴダがあり、近隣のみならず遠方からの信者たちがお参りに来ています。

伝統的な日焼け止め「タナカ」
左:参道で売っている様子 右:顔にタナカを塗った子供

ミャンマー人の女性や子供は、タナカという柑橘系の木の幹をすり下ろした粉を顔などに塗って日焼け止めにします。クリーム状に加工された既製品もありますが、田舎ではいまだに薪のように木そのものを売っています。
 
左:托鉢する小僧さん 右:放鳥を売る少女

ミャンマー人の生活は深く信仰と繋がっているため、どこの町にいっても僧の托鉢風景や、祈りを捧げる人々の姿を見ることができます。なかでもピイは聖地として知られる町なので、信仰深い人々との出会いが楽しみです。仏教には放鳥といって鳥を逃がしてあげて功徳を積むという信仰形態があります。その放鳥を売り歩く子供たちの姿も多く見ることができるでしょう。
 
左:農作業の生活風景 右:素朴な沿道風景

バスで町から町へ移動する際、車窓や休息地点で様々な人々の暮らしを垣間見ることができます。街道沿いには穀物の田園が延々と連なり、農作業の人々の移動もいまだに牛車という、どこか懐かしさを感じる景観が広がります。こうした人々の生活風景を間近に感じれられるのもバス旅ならではの魅力です。
 
パゴダ(仏塔)が林立する世界遺産パガン

11~13世紀にかけて、250年間も敬虔な仏教国として栄えたパガンでは、フビライの侵攻によって滅ぼされるまで、無数のパゴダが作り上げられました。イラワジ川中流域の東岸の平野部、約40平方キロメートルに3000を超すといわれるパゴダ、パヤーが林立する光景は圧巻であり、世界でも類を見ない遺跡として世界遺産にも登録されています。

今回は、時刻によって変化するバガン遺跡の様々な顔をご覧いただけるよう観賞方法に工夫をしました。夜明け前に展望台バガンタワーの屋上から日の出を見ていただくのを皮切りに、朝食もタワーの眺望ルームでお召し上がりいただきます。日中の観賞を終えてから、馬車に乗って再びバガン遺跡を訪れ、美しい夕景との出会いを楽しんでいただきます。
 
マンダレー托鉢風景

最後の王朝が都を置いた古都マンダレーは、かつての王都らしい落ちついた雰囲気とどこか雅な文化を感じさせる町です。王都として栄えた歴史から、寺院の数が多く、またそこに従事する僧もたくさん暮らしています。そんなマンダレーの旅情を感じさせる風物詩が朝のお坊さん達の托鉢風景です。
 
左:インレー湖クルーズ 右:漁師とのどかな風景

シャン高原に位置するインレー湖は水深が浅いため、葦などの水草が湖全体に繁茂しています。これらの水草は浮島を形成しており、そこに村が作られました。その生活風景は。非常に珍しいもの。湖の観光は小型のボートに分乗して、浮嶋や村や水路を巡ります。またインレー湖独特の風習である、片足で櫓を漕ぐ漁師の姿にもご注目ください。
 
シュエサンドーパゴダ

インレー湖の東、シャン高原に位置するカックー遺跡は近年、外国人観光客に開放された遺跡です。

もともと12世紀にアラウンズィートゥー王が近隣に住む部族の各家庭にひとつずつ仏塔を寄進するように命じたのが始まりといわれ、900年にわたり2500の仏塔が寄進され続けたのです。

無数の仏塔が立ち並ぶ壮大な景観は、まさに仏塔の森。ずらりと並ぶ仏塔の中を、迷路を進むように観光いたします。

最後にとっておきの笑顔で締めくくります。近代化の進む中、私たちが忘れかけている素朴な暮らしがまだまだ残っているミャンマー。微笑みの国にぜひ出かけてみてはいかがでしょう。

アジアの原風景をバスで巡る
ミャンマー大周遊14日間の旅
 
このツアーに関するパンフレット、資料のご請求は、下記のワールド航空サービス各支店、営業所までお問い合わせください。
東京支店
東京支店
東京都千代田区有楽町1-5-1
日比谷マリンビル4階
TEL.03-3501-4111 FAX.03-3501-4114
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
東京支店
大阪支店
大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル29階
TEL.06-6343-0111 FAX.06-6343-0118
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
名古屋支店
名古屋支店
愛知県名古屋市中区栄3-14-7
RICCO栄 6階
TEL.052-252-2110 FAX.052-252-2112
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
九州支店
九州支店
福岡県福岡市博多区博多駅前2-2-1
福岡センタービル11階
TEL.092-473-0111 FAX.092-473-2371
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
札幌営業所
札幌営業所
北海道札幌市中央区北1条西2-1 
時計台ビルB1階
TEL.011-232-9111 FAX.011-232-7455
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
仙台営業所
仙台営業所
仙台市青葉区中央2-2-10
仙都会舘ビル4階
TEL.022-726-0111 FAX.022-726-1234
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
藤沢営業所
藤沢営業所
神奈川県藤沢市藤沢484-1
藤沢アンバービル3階
TEL.0466-27-0111 FAX.0466-27-0941
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)