2014年6月2日更新

くつろぎの文化遺産古都を探訪

ルアンパバーンの僧侶たち
 
特別直行便でラオスへ 古都ルアンパバーンに ゆっくり3連泊  

8月にラオス航空が羽田発の特別直行便を運航することが決定しました。それを受け、夏休み特別企画「心癒されるラオス 伝統と寛ぎの旅」を発表いたします。  

通常、ラオスへはベトナム航空を利用し、ハノイで乗り継いで12時間かかるところが、直行便ではわずか7時間で古都ルアンパバーンに到着します。特別直行便のため、燃油サーチャージもかかりません。今年はこの1回限りで、気軽にラオスを訪ねる絶好のチャンスといえるでしょう。  

東南アジア唯一の内陸国ラオスは、お隣のタイやベトナム、カンボジアに比べて注目される機会が少ない国ですが、比較的多様で、豊かな伝統文化と素朴さを残し、私たち旅人の目を楽しませてくれます。温かい人々とのふれあいを通じて、きっと心癒されるひとときを過ごすことができるでしょう。  

ツアーは、ルアンパバーンに3連泊、首都ヴィエンチャンに1泊する、のんびりとした日程となっており、ルアンパバーンでは、2カ所のホテルからお選びいただけます。散策をたっぷり楽しみたい方には、最高の立地を誇る「ヴィクトリア・シェーントーン・パレス」、優雅にくつろぎたい方は、スモールラグジュアリーホテルの代名詞的存在である「アマン」グループの「アマンタカ」をお選びいただくとよいでしょう。
 
一度は宿泊したい憧れの「アマンタカ」
抜群の立地を誇る「ヴィクトリア・シェーントーン・パレス」
のんびりメコン河クルーズ
 
活気溢れるナイトマーケット
滞在していると 好きになってしまう 世界遺産の町 ルアンパバーン  

ラオスには、ベトナムのハロン湾やカンボジアのアンコールワットのような、見る者を圧倒するものがあるわけではないため、一見地味な印象を持たれるかもしれません。しかし、伝統的な町並みが世界遺産に登録された、ルアンパバーンのような魅力ある町と人々の姿があります。  

ルアンパバーンの旧市街は山間にあり、メコン河とカーン河に挟まれているように見えます。周辺には高層建築がなく、緑の樹木に覆われていて、ゆったりと流れるメコン河の景観に心が和みます。滞在中には、ぜひクルージングをご体験ください。母なる大河メコンに育まれてきたラオスをのんびりと体感していただくことができるでしょう。  

また、「街歩きがおもしろいこと」もルアンパバーンの魅力です。日中は、布小物や雑貨屋を覗きながらの街歩きがおすすめです、近年では欧米の人々が移り住み、散策中に見かけるショップでは、ヨーロッパのエッセンスが加わったデザインの装飾品なども売られています。他方、夜は名物のナイトマーケットへ。毎晩6時半頃からメインストリートで行われるナイトマーケットには、刺繍やパッチワークを施したモン族の手工芸品や布小物、民族衣装など、様々な雑貨が並んでいますので、ぜひ夕食後も散策にお出かけください。  

ルアンパバーンは単に町並みが印象的というだけでなく、1日、2日と滞在し、穏やかな人々と出会い、そこに流れるのんびりした空気に馴染んでいると、いつの間が好きになっているから不思議です。開発著しいインドシナにあって、なお昔ながらの暮らしぶりが息づくラオスをこの機会にお訪ねになってはいかがでしょう。
 
ルアンパバーンの托鉢
ラオスの伝統文化と人々の暮らしぶりにふれる。

 托鉢体験と朝市の見学  

ラオスは敬虔な仏教国です。僧侶が人々に喜捨を求めて歩く托鉢はラオス全土で見られますが、なかでも狭い地域に多くの寺院が集中するルアンパバーンの托鉢は、僧侶の数も他の町と比較にならずとても印象的です。もち米を僧侶の鉢に入れる体験もできます。托鉢の後は、朝の散策ルートへ。観光客が訪ねる機会のない素朴な裏道や地元の人々で賑わう朝市へご案内します。
ラオスの伝統工芸
伝統工芸の染織り体験  

ルアンパバーンでの自由時間には、ご希望の方を工房での染織り体験にご案内します。ラオス織物の良さは手織りであること、天然素材を使った染色にあります。その製法は母から娘へと代々受け継がれ、ひと昔前はしっかり織ることができなければお嫁に行けないほど、女性にとっては非常に大切な技術であったそうです。どうぞ、ご自身のお気に入りの一枚を探してみてはいががでしょう。
野菜の豊富なお食事
ラオスのお食事  

ラオスの食事は、日本人の口に合うと好評です。エスニック料理にありがちな辛い料理も少なく、中華料理ほど油っぽくなく、野菜が多く使われています。朝食はフランスパンに卵料理、フルーツなどが主ですが、フランスの植民地であったこともあり、とくにフランスパンはおいしいという声をよく聞きます。フランス料理とラオス料理が合わさった、ラオ・フレンチもお楽しみください。
(『WORLD旅のひろば』2014年6月号より転載)

「心癒されるラオス 伝統と寛ぎの旅」はこちらから
このツアーに関するパンフレット、資料のご請求は、下記のワールド航空サービス各支店、営業所までお問い合わせください。
東京支店
東京支店
東京都千代田区有楽町1-5-1
日比谷マリンビル4階
TEL.03-3501-4111 FAX.03-3501-4114
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
東京支店
大阪支店
大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル29階
TEL.06-6343-0111 FAX.06-6343-0118
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
名古屋支店
名古屋支店
愛知県名古屋市中区栄3-14-7
RICCO栄 6階
TEL.052-252-2110 FAX.052-252-2112
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
九州支店
九州支店
福岡県福岡市博多区博多駅前2-2-1
福岡センタービル11階
TEL.092-473-0111 FAX.092-473-2371
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
札幌営業所
札幌営業所
北海道札幌市中央区北1条西2-1 
時計台ビルB1階
TEL.011-232-9111 FAX.011-232-7455
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
仙台営業所
仙台営業所
仙台市青葉区中央2-2-10
仙都会舘ビル4階
TEL.022-726-0111 FAX.022-726-1234
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
藤沢営業所
藤沢営業所
神奈川県藤沢市藤沢484-1
藤沢アンバービル3階
TEL.0466-27-0111 FAX.0466-27-0941
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)