2013年11月1日更新

冬のアラスカで神秘のオーロラ体験を

ワイズマンのオーロラ(イメージ)
北極圏のドライブへも出かけます

日本航空特別直行便を利用し、最短距離でアラスカへ

アラスカに冬がやってくると、霧氷が街路樹や森の小道に輝き、ダイヤモンドダストが舞う白銀の大地は、青空や夕日を受けて美しく映えます。夜には満天の星が輝き、神秘のオーロラが妖しく舞います。幻想的なオーロラと北極圏の大自然を味わいに、ぜひ冬のアラスカを訪ねていただきたいと思います。

現在、日本からアラスカへ直行で向かう定期運行便はなく、通常はシアトルなどアメリカの都市を経由してアンカレッジへ入ることになります。その際、成田からシアトルまで約9時間、シアトルからアンカレッジまで約4時間、乗継ぎ時間を合わせると、最低でも15時間以上は必要です。しかしこの時期は、日本航空が季節限定の特別直行便を運航しています。これを利用すれば、フェアバンクスまで所要時間は7時間足らずと、最短距離かつ体への負担を少なく北の大地へとご案内することができます。

 
暖かい室内でオーロラの出現を待ちます
絶好のオーロラ観賞スポット、ワイズマン

「冬のアラスカ大自然と北極圏の旅」ではオーロラ観賞のチャンスが毎日ありますが、なかでも私どものおすすめが、コールドフットから足を延ばして行くワイズマンです。一般的なツアーではフェアバンクス周辺で観賞するだけということが多いですが、ワイズマンは北側のブルックス山脈が天然の防風壁となっているためフェアバンクスよりも晴天率が高いのが特徴です。しかもワイズマンはオーロラベルト上に位置するため、オーロラが真上に出現し、覆いかぶさるような迫力があります。アラスカのみならず、世界でも有数のオーロラ観賞スポットといえます。

ワイズマンでのオーロラ観賞について、少し詳細にご説明いたします。夜10時頃、宿泊地のコールドフットをミニバンに分乗して出発し、約30分北上していくとワイズマンに到着します。かつてゴールドラッシュで栄えた村ですが、今は人口10人程度の小さな村。辺りに光もなく、また標高2500メートル前後のブルックス山脈が海風を防いでいるため、晴天率が高く、オーロラを観賞するには絶好の条件です。待機場所は25人も入ればいっぱいの小屋で、暖炉のある暖かい室内にはコーヒー・紅茶が用意されています。いざオーロラが出現したら、小屋の目の前で観賞を行います。最長で午前3時頃ホテルに戻ります。

 
ワイズマンのオーロラ(イメージ)
オーロラ観測時の気温と服装について

この時期の現地の気温は最高でマイナス25~20度ほど、最低でマイナス40~30度ほどです。同時期の日本に比べればはるかに気温が低く、十分な防寒が必要ですが、湿度が低いため体感温度は数字で見るほどではありません。ホテルなどの室内は暖房設備がしっかりしており、通常の部屋着で快適に過ごせます。

外に出る際のポイントは、直接外気に触れる部分を極力少なくすること、そして重ね着をすることです。重ね着をすることにより、肌といちばん外側の衣服の間にいくつもの空気の層ができ、保温効果が高まります。

 
コールドフットからフェアバンクスまでは、遊覧飛行を兼ねて移動します

北極圏を陸路で越え、一面純白の冬景色を楽しむ

もちろんほとんどのお客様がオーロラをお目当てに冬のアラスカを訪れますが、見どころはそれだけにとどまりません。比類なき極北の大自然を味わえるのも、冬のアラスカの魅力です。

フェアバンクスから北極圏のコールドフットへは、小型バンに分乗して向かいます。フェアバンクスを過ぎたあたりから油を運ぶパイプラインが目立つようになり、辺りは一面の雪原と雪山に変わります。行き交う車もまばらで、樹氷道路脇の樹氷も見事です。凍った大河ユーコンに架かる橋を渡り、さらに北上。日が西に傾く頃についに北極圏に突入し、夕方コールドフットに到着します。フェアバンクスから約400キロメートル、およそ9時間のドライブですが、一面純白の雪景色には飽きることがなく、清々しい気持ちになります。

復路は9名乗りの小型航空機に分乗し、コールドフットからフェアバンクスへ戻ります。約1時間の、遊覧飛行も兼ねた移動で、アラスカの冬景色を空から堪能できます。天気が良ければ、結氷した大小様々な河、山脈群などを眼下にご覧いただけます。
このツアーに関するパンフレット、資料のご請求は、下記のワールド航空サービス各支店、営業所までお問い合わせください。
東京支店
東京支店
東京都千代田区有楽町1-5-1
日比谷マリンビル4階
TEL.03-3501-4111 FAX.03-3501-4114
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
東京支店
大阪支店
大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル29階
TEL.06-6343-0111 FAX.06-6343-0118
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
名古屋支店
名古屋支店
愛知県名古屋市中区栄3-14-7
RICCO栄 6階
TEL.052-252-2110 FAX.052-252-2112
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
九州支店
九州支店
福岡県福岡市博多区博多駅前2-2-1
福岡センタービル11階
TEL.092-473-0111 FAX.092-473-2371
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
札幌営業所
札幌営業所
北海道札幌市中央区北1条西2-1 
時計台ビルB1階
TEL.011-232-9111 FAX.011-232-7455
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
仙台営業所
仙台営業所
仙台市青葉区中央2-2-10
仙都会舘ビル4階
TEL.022-726-0111 FAX.022-726-1234
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
藤沢営業所
藤沢営業所
神奈川県藤沢市藤沢484-1
藤沢アンバービル3階
TEL.0466-27-0111 FAX.0466-27-0941
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)