2014年1月1日更新

南カリフォルニアの奇跡の花景色

春の一時期だけ現れる、アンテロープバレーの奇跡の花園  (C)Rennett Stowe
 
アンテロープバレー
圧巻のアンテロープバレー  春は花の季節です。きれいに整備された植物園や庭園の花々も印象的ですが、大地を覆うように咲くワイルドフラワーは、公園にはない迫力があります。ワイルドフラワーといえば、南アフリカのナマクワランドやオーストラリア西部パース近郊が名所として有名ですが、もうひとつご紹介したい場所があります。アメリカは南カリフォルニアにあるアンテロープバレーです。東京ドーム約152個分という広大な丘陵地帯に、「奇跡」ともいえる花園が姿を現します。  正式名称は、「アンテロープ・バレー・カリフォルニア・ポピー保護区」。カリフォルニア・ポピー(ハナビシソウ)は、カリフォルニア州の州花です。かつてはいたるところに咲いていたそうですが、土地開発が進行するなかで、野生植物を保護しようと、1967年に保護区が造られたとのこと。ポピーが最も多く見られますが、ハルシャギクやアウルズクローバー、ルピナスといった花も見られます。
丘を覆う一面のポピー  (C)Anita Ritenour
花々が出現するのは、3月下旬から5月の半ばにかけて。カリフォルニアの海岸線から内陸へむけて、徐々にワイルドフラワー前線が広がっていきます。とはいえ、辺りは砂漠地帯です。その乾いた大地に恵みの雨が降って初めて花の園が現れます。そこが公園などとは異なるところですが、だからこそ出会えたときには、いっそうの喜びがあります。オレンジや黄色のカリフォルニア・ポピーが丘陵地帯を埋め尽くす様は、きっと忘れられない旅の1シーンになることでしょう。そして、自然現象ですから、二度と同じ花景色に会えないというのも旅心を誘います。開花状況によりますが、展望台から眺めたり、軽いハイキングをしたりしながら、この季節限定の花園をお楽しみいただきます。
 
ジョシュアツリー国立公園 
写真提供:カリフォルニア州観光局
ジョシュアツリー国立公園

アンテロープバレーのほかにも、植物や花の見どころがあります。まずは、砂漠に奇妙な姿をした木ジョシュアツリーが生える、ジョシュアツリー国立公園。ジョシュアツリーの名前は、聖書のヨシュアが天を仰ぐ姿にちなんで名付けられたそうです。高さは15メートルほど、推定樹齢は古いもので約900年に及ぶといわれています。あたり一面に広がる砂漠地帯ですが、不思議とこの一帯にのみジョシュアツリーが忽然と存在します。園内のドライブを楽しみながら、展望台や簡単な散策ができるトレイルにご案内します。
アンザ・ボレゴ砂漠州立公園のワイルドフラワー  写真提供:カリフォルニア州観光局
 
アンザ・ボレゴ砂漠州立公園

あまり知られていない場所ですが、アリゾナルピナスやデザートダンデライオン、ブリトルブッシュなど多様なワイルドフラワーが楽しめるアンザ・ボレゴ砂漠州立公園を訪問することにより、花の好きなお客様にさらにご満足いただける内容としました。ここでは未舗装道路を4WDに乗り換え、ドライブをしながらワイルドフラワーを探します。
 
ハンティントンの庭園
草花に詳しい専門ガイドが同行 

カリフォルニア野生植物協会の全面的な協力を得て、アンテロープバレー、ジョシュアツリー国立公園、アンザ・ボレゴ砂漠州立公園の3カ所で、草花に詳しい専門ガイドが同行します。詳しい解説を交えて観賞をお楽しみください。

パサデナのハンティントン庭園

ロサンゼルス郊外の高級住宅街として知られるパサデナ。ここには鉄道事業で財を成したヘンリー・ハンティントン氏の庭園が一般公開されています。サボテンゾーンやヤシの木のコレクション、日本庭園などがあり、見応えたっぷりです。
 
「りんごの町」ジュリアンに2泊

サンディエゴ郊外にあるジュリアンは、かつて鉱山で栄えた田舎町です。標高1200メートル以上あり、この土地の気候・標高・土壌がりんごの栽培に適しているとされ、19世紀後半から植樹が始まりました。今では毎年10月に「りんごフェスティバル」が行われるほど、りんごで有名な町となりました。町の名物は、アップルパイ。有名店が多くあり、人気のアップルパイを求めてこの田舎町を訪れる観光客は少なくありません。西部劇に出てきそうなかわいらしい町並みです。
ジュリアンの町並み
お店にはジャムをはじめりんご製品が並びます


「アンテロープバレーと南カリフォルニアの旅」の詳細はこちらから
このツアーに関するパンフレット、資料のご請求は、下記のワールド航空サービス各支店、営業所までお問い合わせください。
東京支店
東京支店
東京都千代田区有楽町1-5-1
日比谷マリンビル4階
TEL.03-3501-4111 FAX.03-3501-4114
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
東京支店
大阪支店
大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル29階
TEL.06-6343-0111 FAX.06-6343-0118
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
名古屋支店
名古屋支店
愛知県名古屋市中区栄3-14-7
RICCO栄 6階
TEL.052-252-2110 FAX.052-252-2112
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
九州支店
九州支店
福岡県福岡市博多区博多駅前2-2-1
福岡センタービル11階
TEL.092-473-0111 FAX.092-473-2371
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
札幌営業所
札幌営業所
北海道札幌市中央区北1条西2-1 
時計台ビルB1階
TEL.011-232-9111 FAX.011-232-7455
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
仙台営業所
仙台営業所
仙台市青葉区中央2-2-10
仙都会舘ビル4階
TEL.022-726-0111 FAX.022-726-1234
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
藤沢営業所
藤沢営業所
神奈川県藤沢市藤沢484-1
藤沢アンバービル3階
TEL.0466-27-0111 FAX.0466-27-0941
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)