2016年12月29日更新

ビジネスクラス フルフラットシートにて 遥かなる南米大陸へ

世界中のクライマー憧れのフィッツロイ(3,375メートル)
日本から南米までの往復は、全区間ビジネスクラスを利用します

日本から地球の反対側にある南米。行ってみたいけれど体力的に心配でというお声をよく聞きます。確かに北米でも欧州回りでも30時間弱かかることを考えると、その遠さからまず旅先の候補には入れないでいた方も多いことでしょう。

少しでもお体のご負担を軽減して南米大陸へと思い、3月に限ってですが、航空会社よりかなり踏み込んだ条件でビジネスクラスを提示いただいたことを受け、南米までビジネスクラスのフルフラットシートを利用した旅を発表する運びとなりました。

 
ペリトモレノ氷河
ビジネスクラスで訪れるパタゴニア
紺碧のペリトモレノ氷河と雄峰フィッツロイの旅 


パタゴニア。南米大陸の先でありブエノスアイレスからもさらに国内線で3時間、日本から最も遠い場所ですが、雄大な自然が南米の背骨アンデス山脈の麓に残っています。通常では少しでも多くを見たいと移動に次ぐ移動の周遊型の旅とするところを、アンデスの麓カラファテ中心に絞り、パタゴニアの代名詞であるペリトモレノ氷河とアンデスにそびえるフィッツロイ山周辺で連泊主体の行程としています。

現在世界中の氷河が後退するなかで唯一前進(拡張)し続ける氷河ペリトモレノ。クレバスに射し込んだ光がどこまでも碧く輝くその姿は、世界屈指の青さと美しさを誇ります。展望台から見下ろしたり、ボートから見上げるなど角度を変えてご覧いただきます。さらに国内最大の湖アルヘンティーノ湖のクルーズも入れ、地平線にアンデス(向こう側がチリ)と山岳氷河などの自然美を堪能していただける一日を加えました。カラファテからバスで4時間、アンデスの麓、雄峰フィッツロイへの登山家が集うエルチャルテン村の2泊で、アンデス山脈の雄姿を村周辺の見晴らし台や散策路などを使ってご案内します(本格的なハイキングではなく初心者用のコースをご用意しています)。

紺碧のペリトモレノ氷河と雄峰フィッツロイの旅【11日間】

 
ブエノスアイレス カミニート
エスキーナ・カルロス・ガルデル(イメージ)

~妖艶な本物のタンゴに酔いしれる~
南米の情熱とイグアスの滝 


もう一コースは南米の大国ブラジルとアルゼンチンを代表する2都市リオデジャネイロとブエノスアイレスに滞在し、両国にまたがるイグアスの滝とを合わせた行程といたしました。   

宗主国が異なることから、文化も音楽もすべてにおいてまったく異なる両国を代表する都市での滞在を、音楽を通じてお楽しみください。ブエノスアイレスといえば、洗練された南米のパリとも称される都。タンゴを聞かせてくれる店は数多あれども、今はショーと化していて本格的なものが聞ける店は少なくなったそうです。そんな中でも現地パートナーやガイドたちがこぞってすすめるより本格的なお店、1920年代に活躍した国民的歌手を冠した「エスキーナ・カルロス・ガルデル」にて妖艶なタンゴをお楽しみください。
リオデジャネイロ
3月、水量の多いイグアスの滝
近年、近代建築への注目が世界的に高まっており、その筆頭はその作品群が世界遺産に登録されたル・コルビュジエ。ブエノスアイレス滞在中は、南米大陸で唯一彼が手がけた「クルチェット邸」へご案内します。オスカー・ニーマイヤーはブラジルのモダニスム建築の父と称えられる建築家で、首都ブラジリアを手がけたことで知られます。リオデジャネイロ滞在中は、ニーマイヤーの代表作のひとつニテロイ現代美術館も見学します。  

そしてさらなるハイライトはイグアス大瀑布です。この時期、一年の中でも水量が多くなり圧巻の大瀑布をご覧いただけます。よく三大瀑布と称されますがこの時期のイグアスの迫力は世界一といっても言い過ぎではありません。水が弾けほとばしり轟音とともに落下するその様を、ブラジル側国立公園内、唯一のホテル、ダスカタラタスの宿泊でお楽しみください。ホテルから遊歩道が続き約30分で滝壺へ。誰もいない静かな瀑布を独り占め、そんな贅沢な楽しみ方ができるホテルです。

南米の情熱とイグアスの滝【11日間】

 
このツアーに関するパンフレット、資料のご請求は、下記のワールド航空サービス各支店、営業所までお問い合わせください。
東京支店
東京支店
東京都千代田区有楽町1-5-1
日比谷マリンビル4階
TEL.03-3501-4111 FAX.03-3501-4114
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
東京支店
大阪支店
大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル29階
TEL.06-6343-0111 FAX.06-6343-0118
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
名古屋支店
名古屋支店
愛知県名古屋市中区栄3-14-7
RICCO栄 6階
TEL.052-252-2110 FAX.052-252-2112
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
九州支店
九州支店
福岡県福岡市博多区博多駅前2-2-1
福岡センタービル11階
TEL.092-473-0111 FAX.092-473-2371
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
札幌営業所
札幌営業所
北海道札幌市中央区北1条西2-1 
時計台ビルB1階
TEL.011-232-9111 FAX.011-232-7455
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
仙台営業所
仙台営業所
仙台市青葉区中央2-2-10
仙都会舘ビル4階
TEL.022-726-0111 FAX.022-726-1234
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
藤沢営業所
藤沢営業所
神奈川県藤沢市藤沢484-1
藤沢アンバービル3階
TEL.0466-27-0111 FAX.0466-27-0941
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)