2016年5月29日更新

ラストクルーズ、二度とない2400km。大河・揚子江の船旅

最終回を迎える大河・揚子江の船旅
 
1995年3月、ワールド航空サービスが“世界初企画”としてスタートした揚子江(上海〜重慶2400km)のチャータークルーズ「大河・揚子江の船旅」。そのスケールの大きさと叙情に満ちた船旅は多くのお客様に好評を博し、当社きってのロングセラー・クルーズとなりました。そんななか、突然の「揚子江下流域の観光運行禁止」という決定を受け、急遽、来春3月出発の予定を変更。この秋、最後の「大河・揚子江の船旅」としてお届けすることにいたしました。

大河・揚子江の船旅(下りルート) 重慶から上海へ【9日間】
大河・揚子江の船旅(上りルート) 上海から重慶へ【11日間】
上海

最後の、揚子江の船旅へ、ようこそ。

ポイント①
二度とできない揚子江ロング・リバークルーズ 


世界の他の河川にはないスケールの大きさと歴史に刻まれた上海〜重慶の2400キロの船旅。2017年度以降は三峡エリアを除き、「宣昌からの下流域は、一切の観光運行は許可しない」という中国政府の決定で、この唯一無二のロング・リバークルーズは最終回を余儀なくされました。悠々と流れる揚子江下流域で船上から望む果てしない大地と地平線、港町の風情など、山が両岸から迫る三峡エリアとは異なる、この大陸的な景観と大陸的時間を体験できる最後の旅です。

ポイント②
寄港地が異なる「上り」と「下り」の2つのルート 


大河・揚子江には、名所・旧跡も限りなく存在します。そのため、最終回として今回は、「下り」「上り」で中・下流域の寄港地が異なる2つのルートをご用意しました。「下りルート」は武漢の黄鶴楼、南京観光、そして上海下船後の市内観光。逆の「上りルート」は鑑真和尚縁の地、楊州観光。そして黄山観光、岳陽楼訪問となります。下りと上りで、中・下流域での寄港地を変えることで、お客様のご希望・ご要望に応えるよう設定いたしました。
揚琴の演奏者
ポイント③
全室バスタブ、バルコニー付き高級客船


最終回にふさわしい客船として、ご用意したのが外資系(米国)船会社「ビクトリアクルーズ社」のビクトリアソフィア号。揚子江のリバークルーズ船では非常に少ない全室バスタブ付きで、ご宿泊いただく部屋はすべて外側に向いており、バルコニーも付いています。その洗練されたサービスは長江随一と欧米の旅行者にも人気のリバークルーズ船です。

ポイント④
中国国家級の芸術家7人が乗船


「川劇」「太極拳」「書・彫刻」「揚琴」「琵琶」「二胡」「茶道」。クルーズ中のスペシャルプログラムとして、それぞれの分野における中国・重慶エリアを代表する芸術家や書、茶などの大家を招き、中国の芸術・文化の神髄にふれていただきます。朝の太極拳、日中は伝統楽器の音色に包まれて、夜は川劇のショーと、最後の大河クルーズに華を添えます。
絶壁迫る三峡
ポイント⑤
旅のハイライト、三峡はゆっくりたっぷり


三峡(瞿塘峡・巫峡・西陵峡)の3つの渓谷の長さは約200キロ。この絶景が連続する三峡通過中は、サンデッキで日本語の専門ガイドが見所を伝説や物語を交えて語ります。そして、チャーター船でないと行きづらい神農渓は小型ボートに乗り換えてご案内。また、三国志縁の白帝城は上陸して観光いたします。

ポイント⑥
春と異なる秋景色のリバークルーズ


これまで、この旅は例年春3月に催行されていましたが、今回は、2017年からの観光運行停止に接し、急遽秋の旅となりました。春とは異なる情景が広がる秋。漢詩等に謳われる秋の静寂など、畑に大地に、樹々に山々に秋の風情に満ちたリバークルーズです。


大河・揚子江の船旅(下りルート) 重慶から上海へ【9日間】
大河・揚子江の船旅(上りルート) 上海から重慶へ【11日間】
三峡ダム展望
黄山
このツアーに関するパンフレット、資料のご請求は、下記のワールド航空サービス各支店、営業所までお問い合わせください。
東京支店
東京支店
東京都千代田区有楽町1-5-1
日比谷マリンビル4階
TEL.03-3501-4111 FAX.03-3501-4114
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
東京支店
大阪支店
大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル29階
TEL.06-6343-0111 FAX.06-6343-0118
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
名古屋支店
名古屋支店
愛知県名古屋市中区栄3-14-7
RICCO栄 6階
TEL.052-252-2110 FAX.052-252-2112
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
九州支店
九州支店
福岡県福岡市博多区博多駅前2-2-1
福岡センタービル11階
TEL.092-473-0111 FAX.092-473-2371
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
札幌営業所
札幌営業所
北海道札幌市中央区北1条西2-1 
時計台ビルB1階
TEL.011-232-9111 FAX.011-232-7455
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
仙台営業所
仙台営業所
仙台市青葉区中央2-2-10
仙都会舘ビル4階
TEL.022-726-0111 FAX.022-726-1234
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
藤沢営業所
藤沢営業所
神奈川県藤沢市藤沢484-1
藤沢アンバービル3階
TEL.0466-27-0111 FAX.0466-27-0941
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)