• 北極
パンフレット請求はこちらから FAXでパンフレットご請求の方は

北極点到達の旅【16日間の旅】

【6月】第13次 最新、最大の砕氷船50イヤーズ オブ ビクトリー号でゆく ツアーコード: RT019T

ツアーのポイント

最大22名様までの旅

人間の夢を実現 
地球のてっぺんに立つ感動を貴方に

世界最大、最強、最新の原子力砕氷船50イヤーズ・オブ・ビクトリー号で 夢の冒険旅行を安全、快適にお楽しみください。

世界初のチャーター企画(2001年夏)から13回目を迎える北極点到達の旅を、 このたびも一般流通価格に比べ驚くほどのリーズナブル料金でご提供いたします。


 
  • 成田
  • 東京
  • 大阪
  • 中部
  • 福岡
  • 札幌
  • 仙台
  • 国際線の発着地を表します。
    黄色の枠の地域からは国際線の発着地までの国内線の航空運賃が無料となります。
    グレーの枠の地域からは国際線の発着地までの国内線の航空運賃は特別(追加)料金でご参加いただけます。
     

    企画者よりポイント

    ▲クリックで拡大
    北極点到達の旅への思い

    2000年、猛暑の8月。東京台場の国際展示場ビックサイトで行われた世界旅行博。広い会場の片隅、人気のないロシア出展の小さなブースで、真紅の船体が氷の中を力強く砕き進む一枚の写真と出合いました。思えば、これが「夢の企画」の始まりとなる第一歩でした。お客様に2001年は「21世紀を迎えるメモリアルな旅を」と思案していたところ、これぞ相応しいビッグツアーだと、世界初のフルチャーターでの北極点到達の旅を実現。のちにこのツアーは審査員の満場一致で2001年度の「ツアー・オブ・ザ・イヤー グランプリ」を受賞する栄誉に浴しました。

    しかし私どものもっと大きな喜びは、翌2002年夏の第2次の旅に、前年ご参加のお客様が5名も再び北極点へ向かってくださったことでした。同じツアー企画、それも約200万円(当時)という高額商品に、2年連続でご参加いただけるとは思ってもみないことでしたので、驚きとともに大きな嬉しさが、心の底からこみ上げてまいりました。

    北極点到達の旅は、その後、毎夏の私どもの人気ツアーとして、2008年の第8次まではヤマル号で、そして2009年夏には、これまで最強を誇ったヤマル号の次世代船「50イヤーズオブビクトリー号」が、新造砕氷船として新たにデビュー。その2009年から第12次となる2014年まで、すべて無事に北極点到達を成し遂げています。

    人間の大きな夢のひとつ、「地球のてっぺんにご自身の足で立つ」。ぜひこの夢を、このたびの「ザ・ノースポール」(北極点到達の旅)で果たしていただければ幸いです。
     

    見どころのご紹介


    今年も特段の好条件でのご提供が可能となりました。
    一般流通価格(400万円後半から600万円台)の旅を、¥2,950,000~¥4,250,000でご提供いたします。

    2001年の私どものチャーター企画が旅行業界でも話題を呼び、現在では大手旅行社をはじめ数社が北極点の旅を募集しておりますが、その流通価格は400万円後半(スタンダードキャビン)から600万円台(スイートキャビン)が一般的です。

    このたび、弊社では、現地船会社との永年の友好なパートナーシップにより、仲介業者を通さずに直接仕入れることで、295万円〜425万円という料金設定が可能となりました。これも毎年のように北極点到達の旅を手掛けてきた、弊社と船会社の継続的な信頼の賜物だと自負しております。

    2017年の第13次北極点到達の旅は弊社で、12キャビンを押さえての旅となります。日本語新聞や日本語アナウンスなどの便宜は今まで通り行いますが、全船を借り切ってのフルチャーターではありませんので、様々な国籍の方が同乗して、一緒に北極点到達を体験します。外国人が同乗している方が、むしろ国際色豊かで楽しいとおっしゃる方もいらっしゃいます。ぜひこの絶好の機会に、旅人の究極の夢ともいえる「北極点到達の旅」にご参加ください。



     

    お食事について

    お食事の回数
    朝食14回、昼食14回、夕食14回
     

    ホテルについて

    i/b 50years of Victory SHIP DATA
    原子力砕氷船・ヘリコプター搭載
    ●総トン数 : 25,800トン
    ●全 長 : 159m
    ●全 幅 : 30m
    ●喫 水 : 11.08m
    ●アイスクラス : LL1
    ●総出力 : 75,000馬力
    ●巡航速度 : 21.4ノット(オープン水域)
    ●乗客定員 : 128名
    ●乗組員数 : 140名
    ●建 造 : ロシア

    客室タイプ
    スタンダードツイン
    窓側・ツインベッド・シャワー付/14㎡
    ボウデッキ・1〜3デッキ

    ジュニアスイート
    窓側・ツインベッド・シャワー付/20〜22㎡
    1・3デッキ

    グランドスイート
    窓側・ツインベッド・バスタブまたはシャワー付/24〜27㎡
    1・2デッキ
     

    日程表

    利用予定航空会社:アエロフロート・ロシア航空
     16日間 スケジュールと見どころ 宿泊地・食事
    1日目 成田空港12:00発 モスクワ16:10着 
    ●成田よりアエロフロート・ロシア航空にてモスクワへ。
    ●着後、モスクワのホテルへ。
    宿泊ホテル :ラディソン・ブリュ・スラヴィンスカヤ
    (モスクワ)
    2日目 モスクワ15:10発ムルマンスク17:40着
    ●午前、赤の広場周辺の散策へご案内します。
    ●午後、航空機にてモスクワよりムルマンスクへ。
    宿泊ホテル :アジムット・ホテル ※シャワーのみとなります。
    (ムルマンスク)
    3日目
    ムルマンスクにて乗船。いよいよ船旅がスタートします。
    ●ムルマンスク港にて「50イヤーズ・オブ・ビクトリー号」に乗船。
    ●夕刻、出航。 
    (船中)
    4日目 北極海への航海

    ●バレンツ海をフランツ・ヨーゼフ諸島に向け航行。砕氷船の精巧な機械設備やエンジンルームの見学をはじめ、航海士の業務内容、操舵室などをご覧いただきます。また、船長をはじめスタッフやシェフ、講師陣もご紹介します。

    (船中)
    5日目 北極の大自然に触れる
    ●多くの島々から成るフランツ・ヨーゼフ諸島、北緯80度の地域の島々の間をぬって航行。この辺りから火山や氷山、氷河が見えてきます。天候が良ければヘリコプターに乗って周辺の素晴らしい景色をご覧いただきます。その後、カーム湾にて断崖絶壁がそびえる島、ルビニ・ロックに生息する海鳥(ペンギンに似た海鵜など数万羽が生息)のコロニーへ本船をぎりぎりまで近づけ、ご覧いただきます。
    ●この辺りでは巨大な氷山を見ることもあるかもしれません。北極熊や巨大なセイウチを見る可能性もあります。写真を撮るには絶好の機会もあることでしょう。
    ●天候が許せばフローラ岬へのヘリコプターでの上陸も予定しております。(天候により、上陸する島が変わることもあります。また、上陸できない場合もあります。)
    (船中)
    6日目
    7日目
    氷海を突き進み北上
    ●今回訪れる北極圏地域の中で、最後の文明の地フランツ・ヨーゼフ諸島を後にし、50イヤーズ・オブ・ビクトリー号はいよいよ数メートルもの厚い氷を突き破りながら北上していきます。ブルーに輝く数メートルの厚さの氷が砕けていく様は圧巻です。いくつかのグループに分かれ、その勇姿をヘリコプターで空中から見学します。
    ●航海中に、精通した科学者、探検家が毎年、好評な興味深いレクチャーを行ないます。
    (船中)
    8日目 遂に北緯90度に到達!!
    ●50イヤーズ・オブ・ビクトリー号は北緯90度を目指します。計器板が刻々と90度に近づきはじめ、遂に90度(北極点)を指し示した時、船内の興奮は最高頂となります。
    ●この時期の気候は通常比較的穏やかで、気温は0度前後です。北極点に達した時には、ブリッジに集合し、シャンパンでお祝いします。その後、銀世界と蒼い景色の広がる氷上に降り立ちます。お祝いのセレモニーをはじめ、船員により、テーブルや椅子が並べられ、バーベキューパーティーやゾーディアックボートによるセーリングもお楽しみいただきます
    (船中)
    9日目
    10日目
    ヘリコプターで遊覧飛行
    ●砕氷船は南下を始め、氷海を通っていきます。天候と時間が許せば、再びフランツ・ヨーゼフ諸島の島々の上陸観光や、ヘリコプターを利用しての空中からの景色も楽しめます。
    ●再び、北極熊やセイウチを見る可能性もあります。また、真っ白なカモメをみることができるかもしれません。そして、陸が近づいていることを認識するのです。
    (船中)
    11日目
    12日目
    13日目
    フランツ・ヨーゼフ諸島
    ●帰路、天候が許せば、フランツ・ヨーゼフ島のいずれかの島に立ち寄ります。いずれの島もそれぞれに特徴があり、往路と同様、様々な動物に出会える可能性もあります。(あくまで、天候次第となることから、往路、又は帰路のいずれかとなる場合もございますので、あらかじめお含みおきください。)                
    (船中)
    14日目
    ムルマンスクへ帰港 航空機にてモスクワへ
    ムルマンスク10:40発モスクワ13:00着
    ●ムルマンスクに向かう途中、私達は発見と冒険が詰まった今回の素晴らしい旅のおさらいをします。私たち自身がこの氷の世界を克服した地球上数少ない人となるのです。また、地球の生態系に対する新たな認識と、貴重な経験と知識をお土産に持って帰るのです。
    ●仲良くなったスタッフに別れを告げ、航空機にてモスクワへ。着後、ホテルへ。
    宿泊ホテル:サヴォイ
    (モスクワ)

     
    15日目
    モスクワ市内観光 帰国へ
    モスクワ19:00発
    ●午前モスクワの市内観光へご案内します。
    ●午後。モスクワ空港へ。アエロフロート・ロシア航空にて帰国の途へ。
    (機中)
    17日目 帰国
    成田10:35着

    ●成田空港に到着。お気をつけてお帰りください。              



      ※日程表内に書かれた動植物は見られないこともあります。
      ■観光について:●=入場観光 ◯=下車観光
     

    出発日と旅行代金

    ■このツアーは16日間のコースです
    成田発
    出発日 旅行代金
    2017年

    6月24日(土)

     
     

    スタンダードツイン(14㎡・海側・ツインベッド・シャワー付)

    ¥2,950,000 (¥1,800,000)

     

    ジュニアスイート(24㎡・海側・ツインベッド・シャワー付)   

    ¥4,150,000
    1名様利用の設定はございません

     

    グランドスイート(26㎡・海側・ツインベッド・シャワー付)

    ¥4,250,000
    1名様利用の設定はございません
    (¥ )内は1名利用追加料金
    ダブルベッドの場合があります
    • 燃油サーチャージ別途(目安:¥14,000:11月1日現在)
       
    • ビジネスクラス利用追加代金 ¥400,000
      成田〜モスクワ往復
      ※お席に限りがございますので、
      お早めにお手続きをお願いします。
    【ご注意事項】
    • ■食事 : 朝食14回、昼食14回、夕食14回
      ■添乗員 : 弊社社員が成田空港ご出発から成田空港ご到着まで随行いたします。
      ■最少催行人員 : 12名
      ■パスポート必要残存期間:帰国時6カ月以上
      ■パスポート必要ページ:見開き2ページ以上 
      ■パスポート本体をお預かりします。
      ■査証用写真:1枚(縦4.5cm×横3.5cm)、無背景
      ■下記は旅行代金に含まれません。
      ◎旅行代金には海外の空港税と出国税が含まれております(ただし、成田空港の施設使用料及び保安サービス料合計2,610円ならびに燃油サーチャージはお客様のご負担となります)。
      ◎査証料:¥4,000 
      ◎査証取得手数料:¥6,000(税別)
      ◎船内チップ(目安1泊22米ドル、11泊合計242米ドル)
      ※当ツアーでは海外旅行傷害保険の「救援者費用等保険金額」が1200万円以上のご加入が必要となります。
    • ●キャンセル料について
    • お客様は次に定める取消料をお支払いいただくことにより、いつでも旅行契約を解除する事ができます。
      旅行契約解除の日 キャンセル料

      旅行開始日の前日から起算してさかのぼって180日目にあたる日以降~120日目にあたる日まで

      旅行代金の2.5%

      旅行開始日の前日から起算してさかのぼって119日目にあたる日以降~91日目にあたる日まで

      旅行代金の10%

      旅行開始日の前日から起算してさかのぼって90日目にあたる日以降~当日まで

      旅行代金の50%

      旅行開始日後または無連絡不参加

      旅行代金の100%

      尚、当社では「クルーズ旅行取消費用担保特約」をご用意しておりますので、ツアー申し込みと必ず同時に海外旅行傷害保険に、上記の特約を加えて加入されますことをお勧め申し上げます。但し、付帯条件がございますので詳しくはお問い合わせください。
      ●キャンセル料半額制度はクルーズツアーの場合、適用外となります。ご注意ください。

    • ■ご旅行お申込みの際には、別途交付する旅行条件書(全文)と当ツアーのパンフレットをお受け取りの上、必ずご確認ください。
    このツアーに関するパンフレット、資料のご請求は、下記のワールド航空サービス各支店、営業所までお問い合わせください。
    東京支店
    東京支店
    東京都千代田区有楽町1-5-1
    日比谷マリンビル4階
    TEL.03-3501-4111 FAX.03-3501-4114
    パンフレット請求アドレス:
    営業時間 午前9:30~午後6:00
    (土・日・祝日は休業日)
    東京支店
    大阪支店
    大阪府大阪市北区梅田1-1-3
    大阪駅前第3ビル29階
    TEL.06-6343-0111 FAX.06-6343-0118
    パンフレット請求アドレス:
    営業時間 午前9:30~午後6:00
    (土・日・祝日は休業日)
    名古屋支店
    名古屋支店
    愛知県名古屋市中区栄3-14-7
    RICCO栄 6階
    TEL.052-252-2110 FAX.052-252-2112
    パンフレット請求アドレス:
    営業時間 午前9:30~午後6:00
    (土・日・祝日は休業日)
    九州支店
    九州支店
    福岡県福岡市博多区博多駅前2-2-1
    福岡センタービル11階
    TEL.092-473-0111 FAX.092-473-2371
    パンフレット請求アドレス:
    営業時間 午前9:30~午後6:00
    (土・日・祝日は休業日)
    札幌営業所
    札幌営業所
    北海道札幌市中央区北1条西2-1 
    時計台ビルB1階
    TEL.011-232-9111 FAX.011-232-7455
    パンフレット請求アドレス:
    営業時間 午前9:30~午後6:00
    (土・日・祝日は休業日)
    仙台営業所
    仙台営業所
    仙台市青葉区中央2-2-10
    仙都会舘ビル4階
    TEL.022-726-0111 FAX.022-726-1234
    パンフレット請求アドレス:
    営業時間 午前9:30~午後6:00
    (土・日・祝日は休業日)
    藤沢営業所
    藤沢営業所
    神奈川県藤沢市藤沢484-1
    藤沢アンバービル3階
    TEL.0466-27-0111 FAX.0466-27-0941
    パンフレット請求アドレス:
    営業時間 午前9:30~午後6:00
    (土・日・祝日は休業日)