2014年4月24日更新

2014年春「ワールド・旅フェスタ」(東京)開催いたしました


 4月8日(火)、東京支店では恒例の「ワールド・旅フェスタ」を、それまでの日比谷公園から会場を東京国際フォーラムに移して開催いたしました。当日は晴天に恵まれ、春の穏やかな気候の下、多くのお客様にお越しいただきました。ガラス塔5階フロアの計6会場におきまして、旅の講座や講演会、コンサートなど、様々な催し物を行いました。ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。
 
【上】世界の名曲と映画音楽の演奏会では、「タラのテーマ」(『風と共に去りぬ』)、「愛のテーマ」(『ゴッドファーザー』)など、映画音楽をメドレー形式で演奏していただきました。

【左】 吉川久子さんのフルートの音色が、クラシックギターの旋律と溶け合い、会場が美しい音色に包まれました。「新世界 」や「いそしぎ」など、多彩な音楽が奏でられました。

【右】 地中海料理研究家の池澤直美さんに、様々な料理のレシピやワインの紹介、旅先での料理体験など、地中海の国々の食文化と旅の魅力について語っていただきました。
 
【左】 アオザイを着た小栗久美子さんによる「トルン」の演奏。トルンはベトナム中部の竹製打楽器で、優しい音色が特徴です。来場の皆様はじっと耳を傾けられていました。

【右】 1993年から20年間かけて、西安から出発し自転車でシルクロードを完走したとい長沢法隆さん。各国のバザールや野菜の伝来のお話など、とても興味深い内容でした。
 
【左】 園芸家の国吉純さんに、イギリス風のガーデニングやスペイン風のパティオなど、世界各地の花々や庭園の種類について、写真付きで丁寧にご紹介いただきました。

【右】『サウンド・オブ・ミュージック』や『カサブランカ』など、往年の名作とその歴史的背景に加え、ロケ地巡りなど、西澤英雄さんの映画にまつわるお話は興味深いものでした。
 
【左】 お楽しみ抽選会は午前と午後の2回行われました。社員が添乗を通じて出会った世界各国のお土産の登場に会場は大盛況でした。当選された方、おめでとうざいます。

【右】 イベント終了後には、東京支店で社員との懇談会が開催されました。ワインやカナッペを手に、旅の体験談をお話されるお客様の声、社員の明るい声が響き渡りました。